【News】カンムが「10代〜20代のお年玉」に関するアンケート調査結果を公開

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
カンムは、2019年1月10日「10代〜20代のお年玉」に関するアンケート調査結果を公開した。
その結果、10代と20代のお年玉の使い道第1位は「貯金」となったほか、今年のお正月( 2019年1月1日〜2019年1月7日)のバンドルカードへのチャージ金額は前月同期間比で1.4倍、チャージ回数は1.3倍となったことがわかった

(調査概要)
調査対象期間:2019年1月7日〜2019年1月8日
調査方法:インターネット調査
調査対象:「バンドルカード」ユーザー(全国10〜29歳の男女/合計152 サンプル)

■10代の約8割、20代の約2割がお年玉をもらっていて、もらった金額は1〜2万円の方が多い

「お年玉をもらいましたか?」という質問に対しては、10代の79.2%、20代の21.4%が「もらった」と回答し、回答者の9割を学生が占める10代はお年玉をもらっている方が多い一方で、20代になるとお年玉をもらう方が急激に減っていることが予想される。

もらったお年玉金額は「30,001〜40,000円」と回答した方が一番多かったものの、次いで「10,001〜20,000円」「40,000〜50,000円」も回答数が多くなり、ばらつきがあることが見て取れる。また、10万円を超えるお年玉をもらったという回答もあった。

■およそ3人に1人が、もらったお年玉金額は「十分ではない」と回答

「もらったお年玉金額は十分ではない」と回答した方は37.9%となり、「10,001〜20,000円」足りないと回答した方が一番多いという結果となった。

■お年玉の使い道1位は「貯金」

お年玉の使い道を質問したところ、1位は「貯金」(52.9%)、次いで「ファッション用品(自分用・衣服、靴、鞄等)」(33.3%)、「玩具・ゲーム」(25.3%)となり、10代と20代の堅実さが垣間見えるとも言える結果となった。

「貯金」と回答した方のフリーコメントでは「いざという時に使う」(10代男性・高校生)、「欲しいものがあれば買う」(20代男性・パート/アルバイト)といった“何かあった時のために”貯金に回すという理由がいくつか見られた。

何か購入したと回答した方のフリーコメントでは「グッズと初売りセールへの支払いにいつの間にか消えてる」(10代女性・高校生)、「LUSHのスキンケア用品を買った」(10代女性・高校生)、「デュエルマスターズのカードを買った」(10代男性・高校生)、「旅行にいった」(10代男性・大学生/専門学校生)、「Googleplayで課金した」(10代男性・高校生)など、「貯金」以外では10代と20代の多様な消費行動が見て取れます。中には「バンドルカードに入れて(チャージして)文房具を買った」(10代男性・高校生)といった、お年玉をそのままバンドルカード等のプリペイドカードにチャージしたという回答も見られた。

■10代と20代のお正月のバンドルカードへのチャージ金額は1.4倍、チャージ回数は1.3倍に
今年のお正月( 2019年1月1日〜2019年1月7日)に、10代と20代のコンビニまたはセブン銀行ATMからのバンドルカードへのチャージ金額とチャージ回数を調査したところ、前月同期間( 2018年12月1日〜2018年12月7日)比でチャージ金額は1.4倍、チャージ回数は1.3倍だったことがわかった。

バンドルカードは、クレジットカードを年齢的に持てない方でも、アプリから誰でも簡単に作れるVisaプリペイドカードである。バンドルカードを使うことで、Amazonやメルカリ等の通販を利用する際にもカード払いが使えることが特長のひとつにある。一概には言えないが、今回の10代と20代へのアンケート調査では、キャッシュ(現金)でもらったお年玉をバンドルカードにチャージし、通販等で使用する消費行動があることも予想される。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る