【News】ソーシャルレンディング比較サイト「クラウドポート」は「ZUU funding」に生まれ変わる

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。

「クラウドポート」が2019年1月17日付で、金融メディア「ZUU online」を運営するZUUへ事業譲渡される。これにより、比較サイト「クラウドポート」は「ZUU funding」として生まれ変わる。

融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)比較サイト「クラウドポート」は、投資家に役立つ業界横断的な情報を中立的な立場で発信することによって、融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)市場の健全な発展に資することを目的として2016年2月に提供を開始した、融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)分野で投資家に最も認知されているメディアである(※)。

2019年1月8日に公表した通り、当社は第二種金融商品取引業の登録を受け、1つの口座で複数の企業のファンドに投資することができる、貸付ファンドのオンラインマーケット「Funds(ファンズ)」の運営を開始している。比較サイト「クラウドポート」がこれまで通り中立的な立場で情報提供を継続するためには、金融商品取引業者となったクラウドポートに代わり、金融メディア運営事業者であるZUU社がその運営を行うことが適切であると判断し、今回の事業譲渡に至った。

今後、同サイトは「ZUU funding」として、ZUU社のもとでサービスの拡充を図っていく。なお、今回の事業譲渡の対象は、比較サイト「クラウドポート 」のみであり、「クラウドポートニュース」は引き続きクラウドポートが運営していく。今回の取組みに際してクラウドポート株式の譲渡等は行っていない。

また、ZUU社が運営する金融メディア「ZUU online」は、クラウドポートの「Brand Channel(ブランドチャンネル)」を開設し、融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)の第一号案件として、クラウドポートが運営する「クラウドポートニュース」との連携を開始する。

なお、これまで比較サイト「クラウドポート」を利用していた人は、1月17日より「ZUU  funding」において、そのまま従来通りサービスを使える。

※:2018年9月に実施した、20-65歳の投資経験者を対象とした株式会社アスマーク実施のインターネット認知度調査による。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る