【News】GMOあおぞらネット銀行が銀行API公開に合わせ開発者ポータルサイトをオープン

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。

GMOあおぞらネット銀行は、銀行機能を細分化し、外部連携を可能とするAPIの公開(オープンAPI)を順次進めている。これらオープンAPIの提供に合わせ、1月15日に開発者向けのポータルサイトを公開した。本ポータルサイトは、GMOあおぞらネット銀行が公開する各種APIの仕様や、開発テスト環境、利用者登録、API利用のための審査窓口の機能等を備えている。
GMOあおぞらネット銀行が公開する銀行APIをサービスに組み込み、自社利用やユーザー提供することにより、顧客のビジネスに貢献できること、また、国の掲げるキャッシュレス化の一助となるべく、GMOあおぞらネット銀行では銀行APIを無償で順次提供していく予定である。(GMOあおぞらネット銀行が公開するAPIは別紙の一覧を参照。)

【銀行APIの公開について】
銀行が公開するAPIは、銀行と外部の事業者との間を安全にデータ連携するための仕組みである。APIは、アプリケーション・プログラミング・インターフェースの略で、機能やデータを他のアプリケーションから呼び出すための接続口やその仕組みを指す。GMOあおぞらネット銀行では、口座残高や入出金明細といった参照系APIの公開を1月15日、口座の振込や振替といった更新系APIの公開を本年4月に予定している。(GMOあおぞらネット銀行が公開を予定するAPIは別紙の一覧を参照。)

【2種類のアクセス方法】
GMOあおぞらネット銀行では、接続を希望する顧客のビジネスにマッチしたAPIを提供するため、APIの利用用途を大きく「パブリックアクセス」と「プライベートアクセス」2つに分けて準備している。

1)パブリックアクセス
サービス提供企業が、当該サービスを利用する顧客の口座に対してAPIによるアクセスを行う場合(オープンAPI)に利用できる。こちらは電子決済等代行業者としてAPIを利用するケースで、たとえば会計システムや家計簿アプリ等を提供する事業者さまに利用できる。

2)プライベートアクセス
顧客のシステムから自身の口座に対してAPIによりアクセスを行う場合に利用できる。たとえば、多数の入金が発生するサービスを運営されている事業者が、「振込入金口座API」と「入出金API」を利用してシステム構築することで、取引先への請求処理や入金照合を自動化することが可能となる。

             〈お客さまのご利用方法に応じたアクセス方法 イメージ〉

【開発者ポータルについて】
GMOあおぞらネット銀行の公開する銀行APIをご利用いただくためには、本ポータルサイトより登録が必要となる。本ポータルサイトでは、公開予定の各種APIの仕様や、開発テスト環境(サンドボックス)を備えており、開発者さまにとって開発しやすい環境を用意している。
また、銀行APIをご利用となる接続事業者自身および接続事業者の顧客の安全を守るため、登録後に必要事項の提出をお願いし、GMOあおぞらネット銀行所定の審査を行う。

【当社の銀行API利用予定企業(社名50音順)】
GMOあおぞらネット銀行の銀行APIを利用することが決定している企業・サービスは以下の通り。
・freee株式会社(「クラウド会計ソフト freee」)
・マネーツリー株式会社(個人資産管理アプリ「Moneytree」、金融インフラプラットフォーム「MT LINK」)
・株式会社マネーフォワード(自動家計簿・資産管理サービス「マネーフォワード ME」、ビジネス向けクラウドサービス「マネーフォワード クラウドシリーズ」)                         ・・・他

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る