【News】東京海上日動火災保険「モバイルエージェント」アプリに「保険証券OCRサービス」導入

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
アイリックコーポレーションのAI-OCR(ディープラーニングによる非定型OCR )を用いた「保険証券OCRサービス」が、東京海上日動およびあんしん生命の「モバイルエージェント」アプリにて 1月17日(木)から利用開始した。

【保険証券OCRサービスについて】
アイリックコーポレーションがこれまで20年間にわたり蓄積してきた生命保険の証券分析ビッグデータを駆使したロジックを構造化した『ASシステム』※1のノウハウと、「証券分析AIアシスト機能」※2で実現したインフォディオが開発したディープラーニングによる非定型OCR「スマートOCR」※3の技術を組み合わせさらに発展させて、生命保険だけでなく損害保険分野も含めた保険証券の基本項目※2をテキストデータ化するサービスを提供できることになった。

※1 アイリックコーポレーションが独自に開発し保険ショップ『保険クリニック』で活用している『保険IQシステム』と同等の機能を持ち、保険分析・提案を支援するシステム。銀行・企業代理店・保険代理店等の保険販売会社など、現在までに約350社の企業に導入され、保険販売の現場で顧客と保険募集人の双方へコンサルティングシステムを提供。(保険申込ナビゲーションシステム『AS-BOX』を含む。)
※2 保険種類、契約日、保険期間、保険金額、保険料など

【「モバイルエージェント」アプリについて】
自身の契約を一元管理できる機能や、もしもの事故やお車の故障時の連絡、手配機能、各種保険手続きや情報提供の機能などを集めた、東京海上日動およびあんしん生命が提供するお客様向けのスマートフォンアプリ。
今後、順次機能拡充を行い、代理店とお客様とをつなぎ、様々なサービス提供ができるアプリを目指している。

【「モバイルエージェント」アプリでの活用イメージ】
加入している生命保険・損害保険の保険証券を、「モバイルエージェント」アプリのホーム画面にあるカメラで撮影すると、「保険証券OCRサービス」が自動的に読み取り、加入保険一覧に自動的に登録される。アプリの利用者は、いつでも自身の契約を保険会社に関わらず一元管理することができる。モバイルエージェントアプリ内での活用イメージ

モバイルエージェントアプリ内での活用イメージ
【用語解説】
・OCR(Optical Character Recognition)
光学式文字読み取り装置。印刷物などの文字を、光を当てることで読み取り、テキストデータに変換する仕組み。

・AI(Artificial Intelligence)
人間の知的活動の一部を人工的に再現したソフトウェアを指す。近年はディープラーニングという人間の神経細胞(ニューロン)の仕組みを模した多層のニューラルネットワーク技術を用い、コンピューター自らがデータに含まれる潜在的な特徴をとらえることが可能となっている。

・API(Application Programming Interface)
「あるWebサービスが所有している情報や一部の機能だけを公開して、それを外部のWebサイトやサービス開発で利用できるようにした」もの。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る