【News】SBI証券が国内株式取引の注文方法を大幅拡充

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
 SBI証券は、2019年3月23日(土)[予定]より、国内株式取引における注文方法を大幅に拡充し、特殊注文として「OCO注文」、「IFD注文」、「IFDOCO注文」を追加することとなった。また、期間指定注文において「今週中」の項目を追加し、週末を指定した注文が可能となる。

SBI証券は、これまでも国内株式取引のサービス拡充に積極的に取り組んできた。新規上場株式(IPO)の取扱いの充実や、「アクティブプラン」における約定代金合計額10万円までの手数料の完全無料化、少額テーマ投資サービス「テーマキラー!」のリニューアルなど、サービス向上に努めた結果、投資初心者から投資経験豊富な人まで幅広く利用され、委託個人売買代金シェアは証券業界No.1の36.2%※1に至っている。

このたび、SBI証券はさらなるサービス向上の取組みとして、国内株式取引の注文方法を大幅に拡充することとした。今回の主なサービス拡充内容は、下記の2点である。

※1 東証統計資料、各社WEBサイトの公表資料より当社集計(2018年4月~9月)
※2 注文方法拡充の対応にあわせて、注文入力画面の大幅なリニューアルを予定している。取引画面の変更内容の詳細については、WEBサイトを要確認。

■特殊注文の活用例
・OCO注文・・・指値と逆指値を同時に設定して注文

保有株式の売却注文(現物)

2つの売却注文(指値と逆指値)を同時に設定
注文A : 9,500円の売却 (指値)
注文B : 9,100円の売却 (逆指値)

※SBI証券のOCO注文は訂正型。
市場に注文を出すのは注文Aの指値のみ。
注文Bの逆指値条件に達した場合に、注文Aが注文Bに訂正される。

・IFD注文・・・買い注文と売り注文を同時に発注

新規の買付注文(現物)

買い注文と売り注文を同時に設定
注文A : 9,000円の買付
注文B : 9,500円の売却

 ※IFD注文の組み合わせ
・買付×売却
・新規建×返済
保有株売却からの注文や、返済注文からのIFD発注は出来ない。

・IFDOCO注文・・・買い注文の発注とともに、売り注文を指値と逆指値の2つの指値で同時に注文

新規の買付注文(現物)

買い注文と売り注文を同時に設定し、かつ、売り注文では2つの指値を設定
注文A : 9,000円の買付
注文B : 9,500円の売却(指値)
注文C : 8,700円の売却(逆指値)

※SBI証券のOCO注文は訂正型。
注文Aが約定後、市場に注文を出すのは注文Bの指値のみ。
注文Cの逆指値条件に達した場合に、注文Bが注文Cに訂正される。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る