【News】コインスターが「現金・小銭の保有に関する意識調査」を実施

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
米国を中心に、世界の小売店で約20,000台設置されているコイン換金サービス「Coinstar®(コインスター)」は、2018年12月、全国の20~50代の男女計600名を対象に、「現金・小銭の保有状況に関する意識調査」を実施した。
  • 小銭を貯め込んだ経験

国内の貨幣・硬貨流通高はおよそ4.7兆円(※1)と、先進国の中でも有数の「現金大国」と称される日本だが、今回の調査により、約6割(58.8%)の人が「家に『小銭』を貯めた/溜めてしまった経験がある」ということが明らかになった。

  • 小銭を貯めこむ理由

小銭を家に貯め込む理由の第1位は、「貯蓄のため(45.9%)」という結果になった。しかし男女別で結果を比較すると、「貯蓄のため」と回答した割合は、男性(35.8%)よりも女性(56.3%)の方が多く、一方「小銭が使いづらいため」と回答した割合は、女性(10.9%)よりも男性(31.8%)の方が多い結果となった。このことから、男女間で小銭を貯める理由に違いがあるということが分かる。 

  • 貯め込む小銭の種類

「小銭を貯め込んだ経験がある」と回答した人たちに対し、貯める小銭の種類について聞いたところ、金額が最も高い500円玉がトップ(55%)となり、金額が最も低い1円玉(44.8%)が次に多い結果となった。
また、男性では1円玉(55.9%)を貯める人が最も多かったのに対し、女性では500円(67.2%)を貯める人が最も多かったことから、小銭を貯めこむ理由に紐づき、男女間で溜め込みやすい小銭の種類も異なることが分かった。

  • 家に眠っている小銭額

家の貯金箱に眠ったままの小銭や、余っている小銭のおよその合計金額を聞いたところ、平均金額は13,455円にまで上ることが分かった。
さらに年代別でみると、60~70代の人は、20~30代の人のおよそ3倍もの金額の小銭を家に保有しており、男女別でみると、男性は女性の約1.6倍多くの額を貯め込んでいるという実態が明らかになった。

  • 細かい小銭の行方

「細かい小銭(1円玉、5円玉、10円玉)を貰った時、 どのような行動を取りますか」」という質問をしたところ、5人に1人 (20.5%) が、「貯金箱に入れる」、「ポケットに入れる」、「デスクの中や棚等、身近な場所に置く」など、財布以外の場所で保管する傾向にあることが分かった。

  • 小銭の変換需要

「銀行窓口で小銭を紙幣へ逆両替した経験があるか」という質問に対し、回答者の約4人に1人(24.8%)が「したことがある」と回答している。(※小銭の枚数に応じて手数料が発生)

一方、欧米諸国のスーパーでは、小銭を紙幣に変換できる「コインスター」というマシンが一般的に設置されている。2018年7月、日本にもコインスターが先行導入され、スーパーの営業時間内であればいつでも、一律9.9%の手数料で利用可能となった。
このコインスターがもし身近にあった場合、使用してみたいかという質問をしたところ、「とても思う」と回答した人は15.2%、「やや思う」と回答した人は25%となり、約4割の人に使用意欲があるということが分かった。

この調査結果から、溜まった小銭を紙幣や電子ポイントなど、より消費しやすい形に変換したいと考えている人が一定層存在するということが窺える。

<小銭を紙幣や金券に変える 「コインスター」とは>

「コインスター」とは、1991年にアメリカで誕生した、硬貨を紙幣や金券に変えられるサービスである。
家の貯金箱に眠ったままの小銭など、余ってる硬貨を「コインスター」のマシンに投入すると、毎分600枚の速さで硬貨の枚数・金額を算出。その後、画面に表示された合計金額を確認し、引換券を発行すると、サービスカウンターで紙幣に交換したり、レジでそのまま金券として使用することができる。2018年7月、北米・ヨーロッパ以外で初めて、「コインスター」が日本に上陸し、ユニー㈱が運営する総合スーパー「アピタ」の3店舗(※2)に先行導入された。
(※1: 日本銀行調査統計局「マネタリーベース(2018年10月)」より)
(※2: 導入店舗:アピタテラス横浜綱島、アピタ長津田店、アピタ戸塚店)

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る