【News】自動貯金アプリfinbee(フィンビー)、貯金総額30億円を突破

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
ネストエッグが運営する自動貯金アプリ「finbee(フィンビー)」は、2019年1月11日時点で、累計貯金額が30億円を達成した。
finbeeは、「貯金をもっと楽しく、カンタンに」をコンセプトに、貯金の目的や目標金額、ルールを簡単に設定でき、ライフスタイルに合わせた貯金をサポートする自動貯金アプリである。finbeeでは、貯金に対して苦手意識がある方にも貯金が「楽しい」「カンタン」と感じていただけるよう、家族や恋人、友人と協力できる「シェア貯金」や、オリジナルの貯金ルールが設定できる「マイルール」などの仕組みを用意し、これまでにない貯金の楽しみ方を提供するともに、欲しいモノの購入ややりたいコトを叶えられる、満足度の高い生活の実現に努めてきた。

また、finbeeがこのたび30億円を突破した累計貯金額のうち、目標を達成した金額(目標達成金額)は累計約7億3,000万円、目的達成数は7,495個となり、finbeeを通じてたくさんの人が、それぞれの目標を実現している

 

さらに、これまでは「つみたて貯金」や「おつり貯金」が主な貯金ルールとして選ばれていたが、最近の傾向として、「歩数」「マイルール」「チェックイン」などユーザーのアクションが貯金に紐づくルールの利用者が増加しており、「ルールを達成することが楽しい」「生活が充実した」などの声も寄せられている。

例えば、「マイルール」においては、「勉強したら」「運動したら」など貯金と合わせて習慣付けたい行動を設定し、実行したご褒美として貯金するユーザーが多く見られる。

「チェックイン」においては、関東圏を中心に日本各地で広がりを見せており、最寄の駅やオフィスなど、日常的に訪れるスポットが設定され、毎日の暮らしを貯金に繋げている傾向である。

ネストエッグは、このたびの累計貯金額30億円突破をひとつの通過点として、今後もより多くの人へ キャッシュレス生活の推進やネットバンキング活用等のきっかけを作っていくとともに、楽しくカンタンに貯金したい全てのお客様へ、便利で使いやすいサービスの提供に努めていく。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る