【News】年を追うごとに進化する投資法に完全対応した『会計の得する知識と株式投資の必勝法』を刊行

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
税務経理協会は、年率10%-20%を目標にする手堅い投資法をまとめた『会計の得する知識と株式投資の必勝法』を2019年2月1日に刊行する。

指標とチャートで「わかる!」「できる!」「もうかる!」

理論と実務を兼ね備えた“成功法則”
日経平均株価が急落している時こそ、「買いのチャンス」です。しかし、ただ闇雲に買えばよいというものではない。「どの銘柄を買えばよいのか」「どの程度の買いであれば適切なのか」を判断するための「理論的な裏付け」が必要である。逆に言えば、この裏付けのある長期的な視座に基づいた投資でさえあれば、上手くいく可能性が飛躍的に高まる。そのための「間違いのない理論」(第1部)と、「堅実な実務」(第2部)をまとめている

株式投資というと、経験のない一般的な受け止めとしては、「本当にもうかるの?」「失敗したら取り返しが付かない」「そもそも、なんだかわからない…」こんなイメージをもつ方は、少なくないのではないだろうか。
しかし、損をする人がいる一方で、しっかり収益を出している人がいるのも事実。
その両者を隔てる境界とは?

実は、失敗する人には、そうなるだけの明確な規則性がある。

【株でうまくいかない人の失敗法則】

  • みんなと同じ行動をする人
  • 暴落時に悲観して売り、暴騰時に舞い上がって買う人
  • 勘とか噂で売買する人
  • 数字にルーズな人
  • 自己責任原則を全うできない人
  • 株価が思わしくないと、株取引をすぐにやめてしまう人

では、どうすれば、成功するのだろうか?
簡潔に言えば、失敗法則の逆を実践すればいいのである。

【株運用で失敗しない人の成功法則】

  • 「人の行く、裏に道あり、花の山」を実践できる人
  • 暴落時に勇気を出して買うことができ、暴騰時に喜んで売ることができる人
  • 会計情報や株価データを分析研究して売買に活かす人
  • 数字に強く、きちんと勉強する人
  • 自己責任原則を徹底する人
  • 株式運用による資産形成をライフワークとして取り組む姿勢の人

上記を概観すれば、次のことが言えるのではないだろうか。

「株式投資は、ギャンブル(賭け事)ではない!」ということである。

すなわち、常に新しい情報を得ようとする「知的好奇心」、必要なときに必要なだけを売買できる「勇気」、そのときどきの些細な勝ち負けに一喜一憂しない「意志」、そして、数字に強くなるための勉強を惜しまない「努力」が、勝敗を分けるということである。

完璧な人間など、この世にはいない。しかし、そこに向かって手間暇を惜しまず継続できることこと、それが遠回りのようでいて最短の道。そのために、求められるのが、基礎的・基本的な知識(理論)の習得と、正しい情報に基づいて市場を先読みできる「目利き」であり、株式投資の知識とノウハウを求めるニーズは年々高まりを見せている。

こうしたニーズに応えるため、このたび『会計の得する知識と株式投資の必勝法』(榊原 正幸著)を刊行することとした。

■本書はこんな方にオススメ
1.老後の資金運用を考えている個人投資家
2.若手の会計士などの実務家

■「株式投資」に関わる最新の調査分析を掲載!
榊原先生は、これまで数多くの著書を出しているが、本書では最新の調査分析を掲載し、よりいっそうの内容の進化が図られている。これまでの著作を読まれた読者には、その進化の度合いがはっきりとわかるものとなっている。

■目次
第1部 アカウンティング基礎
第1講 はじめは簿記の入門編から
第2講 財務諸表の見方
第3講 財務諸表の見方
第4講 財務分析の基礎
第5講 減価償却の理論と応用
第6講 不動産投資と会計
第7講 個人所得税の理論

第2部 会計情報に基づく株式投資の必勝法〜損切り知らずの投資法〜
第8講 銘柄選別の手法
第9講 年金代わりの長期投資の手法
第10講 貸借対照表からみた割安株への中期投資の手法
第11講 増益企業への短期投資の手法

■書籍情報
書 名:『会計の得する知識と株式投資の必勝法』
著 者:榊原 正幸
定 価:本体1,850円+税
判 型:A5判
頁 数:244ページ
ISBN:978-4-4190-6591-1
発売日:2019年2月1日刊行
発行:税務経理協会

■著者プロフィール

榊原 正幸
2001年、フランス・国立レンヌ第1大学の経営大学院にて客員教授として教鞭を執る。同年、英国レディング大学大学院より博士号(PhD) を授与される。同年、税理士資格を取得。
2003年、東北大学大学院経済学研究科 教授。
2004年4月から現職。ビジネススクールで教鞭を執る傍らで、東京・青山を拠点にしてファイナンシャル教育の普及活動を続けている。著書・講演会など多数。
【最近の著作】
『現役会計学教授が実践している堅実で科学的な株式投資法』(PHP 研究所、2018年)
『大学教授が考えた人生後半のマネー戦略 老後資金、55歳までに準備を始めれば間に合います』(PHP研究所、2017年)

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る