【News】都心の優良不動産を低予算で取得可能にする共同出資型の投資用不動産 『セレサージュ表参道』1月30日販売開始

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
 大和ハウスグループのコスモスイニシアは、投資用不動産(共同出資型商品)『セレサージュ表参道』の販売を開始する。「セレサージュ」シリーズは、不動産特定共同事業法に基づき、都心の優良不動産を1,000万円から取得可能にする商品で、第1弾『セレサージュ代官山』は2017年から販売し、非常に好評を得た。第2弾となる『セレサージュ表参道』は、コスモスイニシアが渋谷区神宮前で開発した新築商業ビルを対象不動産とし、2019年1月30日(水)から販売を開始する。

※SELESAGEとは、「selection(英)/選択」と「sage(仏)/賢い」に由来する、サービス名である。

 「セレサージュ」シリーズの主な特長
● 個人では取得しづらかった都心の優良不動産を1,000万円から取得が可能
● 不動産そのものへの投資が可能、資産承継にも有効
● コスモスイニシアの一括管理により所有者に手間のかからない管理運営

「セレサージュ」シリーズは、J-REIT等の不動産投資信託とは異なり、不動産特定共同事業任意組合スキームに基づき不動産そのものを所有するものである。一棟を共同所有することで、一室で所有するよりも空室リスクなどが軽減でき、また、コスモスイニシアが一括で管理運営を行うことで、不動産投資が初めての方や遠方にお住まいの方でも投資しやすい商品となっている。

■ 「セレサージュ」シリーズが求められる背景
2018年度税制改正に伴い、相続対策や資産承継に大きな関心が寄せられている。不動産投資は資産圧縮効果が高く人気となる一方で、投資先の選定や長期的な運用に不安を感じる方も多く存在する。「セレサージュ」シリーズは、長年不動産開発を手掛けるコスモスイニシアのネットワークを活用し、より安定した賃貸需要の見込める都心の優良不動産を厳選。一般的に数十億円規模の資金が必要となり個人ではなかなか取得しにくい都心の優良不動産を、共同出資というかたちをとることで、1,000万円から取得することを可能とした。現物不動産と同様の扱いで資産保有ができ、また相続発生時に資産の分割も容易なため、新たな投資対象として注目を集めている。

■ グループ会社と連携した包括的サービスのご提供
「セレサージュ」シリーズは任意組合を組成し、コスモスイニシアが任意組合の理事長となり対象不動産の管理・運営を行う。賃貸運営事業で培った運営ノウハウを駆使し、運用期間中の収益性を高める取り組みはもちろんのこと、建物管理会社である大和ライフネクストおよび大規模修繕工事を行う大和コスモスコンストラクション等のグループ会社と連携し、対象不動産に対する包括的なサービスを提供する。また、投資用・事業用不動産の仲介事業を通じて、資産運用において適切な時期を見極め、対象不動産の売却を行う。

■ 「セレサージュ」シリーズのスキーム概略図

■ 『セレサージュ表参道』について
『セレサージュ表参道』は、新築商業ビル「ラグラシア表参道」(渋谷区神宮前、「表参道」駅 徒歩6分)を対象不動産とする商品である。表参道・神宮前エリアは、有名ブティックをはじめとしたアパレル関連の店舗・事務所や美容室・飲食店が多く集まるエリアで、本物件至近では「北青山三丁目地区まちづくりプロジェクト」が進行し、幅広い年齢層が集まると期待されている。

■ 対象不動産概要
物件名:ラグラシア表参道(LA GRACIA Omotesando)
所在地:東京都渋谷区神宮前三丁目3番8号(住居表示)
交通:東京メトロ銀座線・千代田線・半蔵門線「表参道」駅徒歩6分
総区画数:店舗 6区画予定
構造・規模:鉄骨・鉄筋コンクリート造陸屋根 地上4階 地下1階
敷地面積:334.14㎡(登記記録面積)
延床面積:995.33㎡(建築計画図面)
竣工時期:2019年1月
売主:株式会社コスモスイニシア
施工会社:大木建設株式会社
管理会社:大和ライフネクスト株式会社
販売単位:一口あたり500万円(最低出資金額二口1,000万円・消費税等込)

■ 対象不動産案内図

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る