【News】セブン銀行とTORANOTECが20億円の資本提携契約を締結

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
セブン銀行と、資産運用とアプリ開発・運営を行うフィンテック企業のTORANOTECは、事業拡大に向けた戦略的パートナーシップを前提とする20億円の資本提携契約を締結した。

セブン銀行は、トラノテックの設立初期からの株主であり、両社は、「リアルおつり投資」実証実験プロジェクトなどを通し、共にイノベーションを追求してきている。今回の出資でさらに強固なパートナーシップを確立することで、トラノテックが資産運用子会社であるTORANOTEC投信投資顧問株式会社を通して提供する資産運用サービス「トラノコ」を、日々の消費生活とさらに一体化した魅力的なサービスに発展させ、様々な形での業務提携の可能性を共に追求していく。

この度の発表につき、両社の代表は以下の通りコメントしている。

株式会社セブン銀行 代表取締役社長 舟竹泰昭:

「『すべての人を投資家に』というトラノテックの設立趣旨に賛同し、設立初期からトラノテックと『トラノコ』の成長を応援してまいりました。「貯蓄から投資へ」と言われている中、日々のお買い物の延長で、おつりやポイントを投資できるという全く新しい投資スタイルは、近くて便利なコンビニに金融を取り込んできた我々の事業戦略とも親和性が高いと考えています。今後トラノテックと幅広く連携することで、さらなるポテンシャルが引き出されることを期待します。」

TORANOTEC株式会社 代表取締役社長 ジャスティン・バロック:

「この度の資本提携に伴い、セブン銀行と戦略的パートナーシップを推進していくことを非常に嬉しく思います。資産運用が人々の生活の当たり前の一部となる世界を実現するには、スマートフォンアプリだけでなく、毎日のお買い物など「日々のリアルな生活」との一体化が極めて重要と考えます。その意味で誰にとっても身近なコンビニ等で幅広く事業を展開するセブン銀行との連携は、大変貴重な機会だと考えております。今後セブン銀行と密接に連携して人々の生活にさらに寄り添う魅力的なサービスの構築を目指すと共に、より容易に投資ができる仕組みを提供することで、引き続き、『自分の将来に向けて資産を運用することは当たり前』という投資文化の醸成に注力してまいります。」

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る