【News】DMM.com証券がIPO(新規公開株)の取扱いを開始

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。

DMM.com証券は、2019年2月1日(金)より要望を受け、国内株式のオンライントレード【DMM株】にてIPO(新規公開株)の取扱いを開始する。

ーIPO(新規公開株)とはー
Initial Public Offeringの略で、証券取引所に未上場だった企業が上場する際、新たに発行や売出をおこなう株式のことである。
2018年に話題を集めたメルカリやソフトバンクの上場は、IPO(新規公開株)である。

IPO銘柄は初値が公開価格を上回る傾向が強く、株価の上昇を期待できることから、多くの投資家に注目されている。
2018年は合計で90もの企業が新規上場し、約9割の企業の初値が公開価格を上回る結果となった。
「初値」・・・新規上場時の最初の株価のこと。
「公開価格」・・・上場前に投資家が取得した株価のこと。

※初値が必ず公開価格を上回るとは限らない。
公開価格が割高であると判断された場合などは、初値が公開価格を下回ることがある。

■【DMM 株】IPO(新規公開株)の特長
[申込時の購入金額が不要]
IPO銘柄を購入できるかどうかは、抽選で決定する。
抽選段階で購入金額を必要とする証券会社もあるが、DMM.com証券では当選後の購入注文時まで購入金額は不要です。抽選~購入までの資金拘束がないため、投資資金の効率を悪化させることなく、申込みできる。

[完全平等抽選]
抽選は、乱数(※)を用いた機械的な抽選である。
完全平等抽選のため、裁量配分(取引実績や預かり資産などに応じた配分)はない。
※乱数とは、規則性がなく予測ができない数値のこと。

[購入手数料無料]
当選したIPO銘柄の購入手数料は無料。

■【DMM 株】新規口座開設について
IPO(新規公開株)のお申込みには【DMM 株】口座の開設が必要。
※【DMM 株】口座を持っている人は、別途の手続きなく、マイページより申込みできる。

【DMM FX】【DMM CFD】【DMMバヌーシー】口座を持っている人は、ログイン後のマイページに表示される【DMM 株】のタブより、簡単に口座開設申込ができる。

《【DMM 株】なら口座開設後、3ヶ月取引手数料 ” 0円 ”!!》
【DMM 株】では口座開設後の3ヶ月間、取引手数料が無料となる。
新規口座開設の申込み後、最短翌日(※)に取引できるので、検討したい。
※手続状況や郵送状況によっては開設完了まで時間がかかる。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る