【News】Showcase Capitalがカンボジア初となるAI小口資金融資を展開するFintechスタートアップと出資に関する契約を締結

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
ショーケース・ティービーの子会社で、ベンチャーキャピタル事業を行うShowcase Capitalは、AI(人工知能)を活用したオンラインでの小口資金融資事業を展開するカンボジアの企業Spean Luy Co., Ltdの親会社であるDigicro Pte.Ltd.と出資に関する契約を締結した。
■スピアンロイ社について
2017年2月にカンボジアで同国初となるカンボジア人向け金融機関比較サイトを運営する事業を開始した。現地の金融機関が提供するローン、預金、クレジットカードを比較する事業で、当プラットフォーム経由で合計17百万ドルのローン申請を記録した。しかし、50%以上が書類・土地担保の不足や銀行のエリア外の遠隔地に居住などを理由に送客後に銀行の審査が通らないという課題があった。融資を受けられなかった返済能力がある潜在顧客へ向けて、書類不要、不動産担保不要、来店不要のアプリによる小口融資事業に転換することにした。本アプリではユーザのスマホからデータを集め、クレジットスコアを算出、ローンを提供する。アプリダウンロードから融資金額受け取りまで最短10分で完結する。スピアンロイ社はカンボジアや他の新興市場でこの課題に取り組むデータファイナンス企業を目指している。

■カンボジアにおける小口資金融資の市場性
金融サービスにアクセスができない人々は世界全体で20億人いるとされ、市場規模は3800億米ドルと言われている。

カンボジアの人口の130%がSIMカード保有し、60%以上がインターネットを利用している。ローンの利用者は人口の60%で、銀行預金口座を保有率は20%にとどまり、クレジットカードは0.3%と保有率が低いという現状である。このような背景から、マイクロビジネスを営む農家や低所得者層、事故・病気など緊急の資金が必要な層に需要がある。

■ショーケース・ティービーの今期業績予想への影響について
本件は、今後のショーケース・ティービーの企業価値向上に資すると考えておりますが、2019年12月期のショーケース・ティービーの連結業績予想への影響は極めて軽微なものであると考えている。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る