【News】“FUNDINNO(ファンディーノ)”の累計成約額17億円を突破

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
 日本クラウドキャピタルが提供するFUNDINNOにおける累計成約額が17億円を突破した。

 

■サービス提供開始から1年10か月で累計成約額17億円を突破
日本初の株式投資型クラウドファンディングサービスである“FUNDINNO“は、サービス提供を開始した2017年4月より、1年10か月で累計成約額17億円を突破した。
17億円を突破した要因としては、顧客のニーズや市場トレンドを分析・洞察した上で、テキスト/イメージ/サウンドデータなどを個別に精査し、人工知能AIを融合させながらソリューションを提供していくAI Infinityや、医療系学会からの公認情報に基づき最新の医療情報や学術コンテンツを提供するとともに医師間の活発な情報交換を促すプラットフォームである「MEDICAL MASTERS(メディカルマスターズ)」を提供するメディカルマスターズ、及び、M&A案件(企業合併や企業買収)の管理や企業価値の自動算定システム「M&Aディールメーカー」を提供しているVANDDDの成約等が挙げられる。
また、登録ユーザー数も約1万3千人となり、取引量は国内NO.1を誇っている。

 

■株式投資型クラウドファンディング“FUNDINNO“の概要
日本初の株式投資型クラウドファンディングサービスである“FUNDINNO”は、1口10万円前後の小口から、IPOやバイアウトを目指す企業の株式に投資することができ、投資後も投資先企業からのIR情報を定期的に確認することができる。
他のクラウドファンディングサービスと異なり利息や元本の保証はないが、投資先企業の株主になることができるため、IPOやバイアウトにより株価が上昇した場合には利益を得ることができる。
また、共感した未来あるベンチャー企業の株主となることから、IPOやバイアウトに向けて事業が成長していく姿を一緒に体感していくことができるなど、新しい投資体験をすることも可能。

【“FUNDINNO“4つのメリット】
Ⅰ.多くの案件にプロの投資家も投資している
FUNDINNOで取り扱う案件には、プロの投資家が投資しているものも多く、厳正な審査を行い選別された魅力ある企業が掲載されている。

Ⅱ.資金調達後の企業へのフォロー
事業計画の作成や実績管理のサポート、ファイナンスのサポートとして追加の資金調達の提案などを行っている。また、ビジネスマッチングや、エグゼクティブ人材・技術者等の紹介なども個別にフォローアップを行っている。そして株主向けに、その会社が定期的に情報を発信していけるようなサポートも行っている。

Ⅲ.応募企業の厳正な審査
個人投資家保護の観点から、詳細な調査とリスクの洗い出しを行うなど厳正な審査を行っている。将来的にスケールする可能性のある会社か、革新性があるか、独自性があるか等について、明確な方針に基づいて行われる。審査過程は、公認会計士・弁護士・税理士等の有識者を中心としたチームで行い、全員一致でなければ通過できないという大変厳しい審査体制をとっている。

Ⅳ.エンジェル税制
ベンチャー企業へ投資を行った個人投資家に対して、税制上の優遇が与えられる制度。 FUNDINNOでご紹介するベンチャー企業の中で、エンジェル税制の対象となる企業に投資した際には、投資した金額に応じて所得税の優遇措置が受けられる。
※ FUNDINNOでご紹介する企業がすべてエンジェル税制の対象となる訳ではない。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る