【News】SBIソーシャルレンディングが出資金の振込手数料を無料とするクイック入金サービスを開始

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。

SBIソーシャルレンディングは、住信SBIネット銀行の口座を持っている顧客について、振込手数料を負担することなく、SBIソーシャルレンディングに即時出資金を入金できるようにするクイック入金サービス(住信SBIネット銀行の即時決済サービス)の提供を、2019年2月16日から開始する。これにより、出資金の入金時、分配金の受取時ともに振込手数料を気にすることなく、SBIソーシャルレンディングのソーシャルレンディングサービスを利用できるようになる。(SBIソーシャルレンディングは、すべての顧客について、分配金の振込(出金)手数料を無料としている。)

■SBIソーシャルレンディング入金方法の比較


【クイック入金サービスの注意事項】
・対応ファンドは以下のファンドである。
『オーダーメード型ローンファンド(随時募集ファンド)』
『不動産担保ローン事業者ファンド』
・住信SBIネット銀行に口座を持っている顧客に限り利用できる。
・入金の際は、必ず本人名義(法人は法人名義)で入金。
・複数の申込みがある場合、申込みごとに入金手続きを行う必要がある。
・住信SBIネット銀行のWebサイトで、クイック入金サービス完了前に、以下の操作を行った場合は、30分間は再度手続きができない。30分以上経過後に再度手続きになる。
①画面(ブラウザ)を閉じた場合
②ブラウザ上の「戻る」ボタンを押した場合
・住信SBIネット銀行がWebサイトメンテナンス中の場合は、利用できない。

■クイック入金サービスの利用手順について
マイページログイン後の「出資申込」から各ファンドに出資申込後、「クイック入金サービスを利用して入金する」のボタンから手続きする。

■住信SBIネット銀行について
住信SBIネット銀行は、SBIホールディングスと三井住友信託銀行を出資会社とするインターネット専業の銀行である。

SBIソーシャルレンディングは、今後ともSBIグループが1999年の創業当初から貫いてきた「顧客中心主義」に基づき、顧客の利益を第一に考え、「お金を投資したい人」と「お金を借りたい人」、それぞれの顧客に信頼いただける企業として、誠実・公正に業務を行っていく。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る