【News】ソニー損保が自動車保険の「写真でカンタン見積り」の提供を開始

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
ソニー損保は、他社の自動車保険証券(*1)の写真や画像をもとに、ほぼ同じ条件での翌年の自動車保険の概算保険料を、その場でウェブサイトに表示する「写真でカンタン見積り」の提供を開始した。
「写真でカンタン見積り」は、テクノロジー活用による顧客サービス高度化の取組みの一環で、ソニーグループ会社の協力を得て開発したものである。
スマートフォンやタブレットのブラウザ上で動作する仕組みとし、専用アプリのダウンロードやメールアドレスの登録などを不要とすることで、気軽に利用できるるようにした。

なお、写真見積り専用のアプリを利用せず、一般のブラウザ上で写真や画像のアップロードから保険料表示まで行うサービスの提供は、自動車保険では初めて(*2)である。

また、概算保険料見積り後、そのまま詳細見積りをして申込むことも可能。保険証券の写真や画像から読み取ったデータはソニー損保ウェブサイトの見積入力画面にプリセットされるため、見積りに必要な操作を省略することができる。

「写真でカンタン見積り」の利用方法

(1) ソニー損保のウェブサイトで「写真でカンタン見積り」のボタンをタップ
(2) 現契約期間中の保険会社と事故の有無の確認
(3) 契約中の自動車保険の保険証券(※)を、スマートフォンやタブレットのカメラで撮影、もしくは、撮影した写真画像をアップロード
(4) 保険証券の画像から読み取ることのできない情報など、4つの質問に回答(選択式)
(5) その場で、見積結果(概算保険料)表示
※ 同サービスは自動車保険の「保険証券」のみを対象に提供するもので、「保険証券」以外の書類には対応していない。

 

(*1)「写真でカンタン見積り」のサービス提供は、代理店系損害保険会社4社の自動車保険証券から開始する。
(*2) 自動車保険初であることは、2019年2月15日までの各社の発表資料から、ソニー損保が調査したものである。
(*3) 「売上」とは自動車保険の元受正味保険料を指します。「ダイレクト自動車保険において16年連続で売上No.1」については、自動車保険を主にダイレクト販売している損害保険会社の2017年度までの各社の発表資料より、ソニー損保が調査したものである。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る