【News】プロのファイナンシャルアドバイザーを養成する『楽天FAビジネススクール』2期生の募集を開始

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
楽天証券は、2019年2月25日(月)より、6月より開講する『楽天証券ファイナンシャルアドバイザー・ビジネススクール』の2期生の募集を開始する。なお、今期よりオンラインでの受講が可能となり、より多くの人が受講できるようになる。

『楽天FAビジネススクール』では、金融分野の教育研修機関であるきんざいと連携し、金融の基礎知識全般に加え、お客様ごとに最適な資産運用プランを作成し、実行を促すために必要な包括的な「実務力」を学ぶことができるカリキュラムを提供する。年金、社会保障などを含めたライフプラン、保険・税金・不動産・相続などの知識に加え、幅広い世代に対して、おもに投資信託を活用した資産形成、資産運用の提案を実施するために必要なポートフォリオ理論を学ぶ。また、ファイナンシャルアドバイザーとして活躍されている実務家によるケーススタディも加え、修了時には、すべての受講生が、個人の顧客に対して価値ある提案書を提示することができる能力を身につけてもらうことを目指して運営していく。

2018年7月に開講した第1期の『楽天FAビジネススクール』では、年齢、職業など幅広い属性の受講生が参加し、実践コース終了後に実施したアンケートでは、受講者の大多数がプログラムに満足したという回答を得た。また、修了生の中からIFAとして活動を始めた人もいる。今回も幅広い属性の受講生にお集まりいただき、ファイナンシャルアドバイザーとして活躍するための実務力を身につけてもらいたいと考えている。

楽天証券は、2008年に金融商品仲介業に参入し、現在契約社数は87社となり、1,000名(2019年1月31日現在)を超えるファイナンシャルアドバイザーが活躍している。将来におけるファイナンシャルアドバイザー業界の拡大を実現するために、顧客に対してより付加価値の高い提案ができる能力を持ったファイナンシャルアドバイザーの育成が不可欠と考えている。楽天証券は、顧客ごとに最適な資産運用のプランを提案し、生涯にわたって信頼されるファイナンシャルアドバイザーを一人でも多く輩出するべく、『楽天FAビジネススクール』の運営に取り組んでいく。

■『楽天証券ファイナンシャルアドバイザー・ビジネススクール』概要
・受講資格:証券外務員、AFP/CFP、FP技能士、証券アナリスト、DCプランナーなど金融関連の資格のいずれかを保有していること。
・会場:TKP品川カンファレンスセンター(東京都港区高輪3丁目26番33号 京急第10ビル)

・コース詳細:

基礎コース 実践コース
 日程 6日間
(2019年6月1日~6月19日)
10日間
(2019年6月26日~7月27日)
曜日 水曜(19:00~21:00)2時間
土曜(10:00~14:45)4時間
総講義時間18時間
水曜(19:00~22:00)3時間
土曜(10:00~13:45)3時間
総講義時間30時間
科目 ライフプランニング、リスクと保険、
相続/事業承継、不動産運用設計、
金融資産運用設計、
証券分析とポートフォリオ、
財務分析、経済
・ファイナンシャルアドバイザー総論
・欲求喚起の黄金則(傾聴力)
・世代別で考えるポートフォリオ構築
・投資信託の鑑定力
・個人のバランスシート分析
・実務家によるケーススタディ実践
・運用提案コンテスト
受講費 対面参加:54,000円
オンライン参加:21,600円
対面参加:108,000円
オンライン参加:43,200円
定員 対面参加:50名
オンライン参加:50名
対面参加:30名
オンライン参加:30名

※申し込み多数の場合には、楽天証券で審査の上、連絡する。

※「実践コース」は基礎コース修了試験および面接試験に合格した人のみ受講できる。

【参考】2018年開講の第1回『楽天FAビジネススクール』の様子

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る