【News】FP-UNIVが人生100年時代のクラウド型年金計算「年金分析2.0」を提供開始

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
クラウド型ライフプランシミュレーションソフト開発を手掛ける、FP-UNIVは、クラウド型年金計算「年金分析2.0」を、2019年02月28日(木)より提供開始する。
【背景】
政府は人生100年時代を標榜し、年金制度の見直し及び働き方改革を検討している。
しかし例として出されている受給額のシミュレーションは、多様化した国民一人一人のケースには決して当てはまらない。各社の試算結果を比較しても、その差が30年で900万円に上るケースすらある。
「年金制度が複雑すぎる」「どの結果を信じて良いかわからない」といった一般の方、ファイナンシャルプランナーの課題を解決するために年金分析2.0を開発した。

【製品・サービスの概要】
FP-UNIVのライフプランシミュレーションソフト「FP-UNIV」はこの度、年金の試算機能と精度を大幅に強化した。ねんきん定期便と将来の働き方を設定するだけで、誰でも簡単に日本年金機構の結果に近い受給見込み額を計算できるようになった。
一般の方からビジネスユーザーまでどなたでも、無料のフリープランから利用できる。
年金の詳しい明細を確認する「年金分析2.0」は、月額5000円の有料プランに加入する事で利用できる。

<日本初の3つの特長>
FP-UNIVは、年金制度において特に重要な以下の盲点を照らし出す。

1:日本年金機構が運営する「ねんきんネット」では計算できない、家族構成に合わせた加算額
子供の有無や夫婦の年齢差によっても年金額は変わる。しかし「ねんきんネット」ではそこまでの試算はできない。
FP-UNIVでは、家族情報を入力する事で家族構成に合わせた実際の支給額を算出する。これにより支給漏れの年金がないか、自身で確認することができる。

2:確認のために委任状が必要となる本人死亡時の遺族年金額
死亡保険を検討する際に無駄のない保障額を見極めるためには、自身の加入記録をもとに計算した遺族年金を正確に把握することが重要である。しかし保険加入者の何%がこの金額を把握しているだろうか。
これまでは、社労士やFPが委任状をもって年金機構の窓口で照会しなければならないのも問題だった。
FP-UNIVではこの遺族年金も自身で確認できる。

3:在職老齢調整と繰下げ受給のリスク
厚生年金を70歳まで繰り下げると受給額が42%増えると言われているが、実際は繰下げ待機中の収入に応じて減額されることがある。「働き方改革」の掛け声とは裏腹に、ほとんど周知されていない制度である。
これもFP-UNIVでは試算可能となり、高齢期における最適な働き方を検討できる。

【今後の展望】
さらに個人型確定拠出年金iDeCoにも対応させ、2019年末までに利用者10000人を目指す。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る