【News】「世界中の決済を、ひとつに。」を目指すマルチスマホ決済サービスTakeMe Payが正式リリース

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。

2019年1月25日に発表のとおり、日本美食は国内で乱立している様々なスマホ決済の一元管理を目指すマルチスマホ決済サービス「TakeMe Pay」及び企業向けマルチ決済ゲートウェイSDK「TakeMe Pay SDK』を2019年3月5日より正式リリースすることとなった。

TakeMe Payの5つの特徴
1、複数のスマホ決済の一元管理
乱立するスマホ決済ブランドを「一つの契約」、「一つの管理ツール」、「一つの明細」で管理し、「一つのQRコード」、「一つの業務フロー」、「一つのカスタマーサポート」で運営することを可能にする。

2、主要な決済方法を網羅
TakeMe Payひとつの導入でクレジットカード(VISA / Master / AMEX / JCB)、Alipay、WeChat Pay、Line Pay、PayPal、UnionPay、Google Pay、Apple Payなど主要14種類の決済方法に対応し、今後も続々と増加予定。

3、簡単導入
送付するQRスタンドをカウンターの上に置くだけで、お金を受け取る準備が整う。導入にはシステム開発等は不要。

4、初期費用も月額固定費も不要
スマートフォンさえあれば、初期費用0円で導入することが出来る。また、固定費要らずの月額費用0円で提供。必要なのは決済手数料のみ。

5、業界最安級の決済手数料
全ての決済ブランドを業界最安級の決済手数料で利用可能。

TakeMe Pay SDKについて
TakeMe Pay SDKを導入する事で利用中のPOS機をスマホマルチ決済に対応させることが可能である。既存のシステムで完結させる事で外部デバイスを使わず多種多様な決済方法を管理、利用できるようになる。また、ウェブサイトや、スマホアプリにも『TakeMe Pay SDK』の導入が可能で、マルチ決済に対応することで海外のユーザーでも簡単に決済でき、越境ECとしての機能を備えることが出来る。そのため中国語(簡体字/繁体字)、英語、日本語の4言語にも対応している。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る