エヌエヌ生命が50歳以上の中小企業経営者に関する調査結果を発表

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。

エヌエヌ生命は、全国の50歳以上の中小企業経営者2,297人を対象に行った調査結果を発表した。

今回の調査から、多くの経営者は事業承継の際に「先代の思いや、経営上必要な情報などが整理され、残されていること」を重要視していることがわかった。この結果を受けて、エヌエヌ生命は現役の経営者が経営に対する思いやこれまでに築いた功績など後継者に伝えたい大切な情報を包括的・体系的に整理し残しておくツールとして「The History Book(ヒストリーブック)~笑顔の継続と承継への道~」の提供を開始した。本ツールはエヌエヌ生命の「事業継続保障クラブ(通称「かうじそクラブ」)*」に加入する保険代理店を通じて、 顧客である中小企業経営者が今と未来を考え経営の安心を次世代まで届けるために活用してもらうことを目的としている。
* 事業継続保障クラブ(通称「かうじそクラブ」):エヌエヌ生命が展開する中小企業の事業継続支援に注力する保険代理店コミュニティ

<調査結果トピックス>

  • 会社で抱えている課題として最も多いものは「人材の確保・育成」(調査結果3参照)

中小企業経営者が抱えている課題として49.2%が「人材の確保・育成」を挙げ、最多となった。次いで「営業力・販売力の強化(26.7%)」「新規開拓(21.2%)」「資金繰り(17.3%)」「事業承継(16.2%)」となった。

  • ​2025年時点で現状のまま経営者を続ける予定の現役経営者は54.1%、その主な理由は「経営者を続けていくことが生きがいだから」(調査結果56参照)

現役経営者2,297人のうち、54.1%にあたる1,212人が2025年に「現状のまま経営者を続けている」と回答した。またそのように回答した1,212人が経営者を続けている、と回答した理由として最も多かったものは「経営者を続けていくことが生きがいだから(42.2%)」となり、次いで「後継者の問題があり退くことができない(37.4%)」となった。

  • 承継時における「先代の思いや経営上必要な情報などが整理されて残されていることを重要」と考えている割合は86.1%調査結果8参照)

承継時における先代の思いや経営上必要な情報などが整理されて残されていることに関する質問には、「非常に重要と思う(20.1%)」「重要と思う(33.9%)」「ある程度重要と思う(32.1%)」と回答があり、合計では86.1%となった。
エヌエヌ生命はこの調査結果を踏まえ、2019年1月から現経営者の築いた功績と未来に向けた計画、思いや考えなどを記録して残すためのツール「The History Book」の提供を開始している。

「The History Book(ヒストリーブック)~笑顔の継続と承継への道~」は、「笑顔相続の実現」をミッションに掲げ、全国約3.5万人の相続診断士を生み出した税理士法人HOP(東京都中央区)の小川 実代表の監修によるものである。同代表は「事業承継は社長の『考え方』『生き方』『あり方』を財産とともに渡すのが事業承継の本質。その3つを言語化することが重要であり、それをサポートするのが『The History Book』です。全国の中小企業経営者にご活用いただきたいという強い思いで制作に携わりました」とコメントしている。

The History Book(ヒストリーブック)」のイメージ>

表紙表紙

ご挨拶・構成・目次ご挨拶・構成・目次

大切な人へのメッセージ大切な人へのメッセージ

<調査概要>
調査時期:2018年12月
調査方法:インターネット調査
調査地域:全国
調査対象者:50歳以上の、従業員(5人以上300人未満)を雇用する企業経営者男女2,297人

<調査結果>
SA:単一回答設問、MA:複数回答設問
Q1:あなたが経営者になった経緯は、以下のどれにあたりますか(SA: n=2297)

Q2:あなたの会社の業績状況は、以下のどれですか(SA: n=2297)

Q3:あなたの会社で抱えている課題は以下のどれですか(MA: n=2297)

Q4:2020年に向けて、あなたの会社の業績はどのようになると思いますか(SA: n=2297)

Q5:2025年、ご自身は何をしていると思いますか(SA: n=2297)

Q6:前問で「現状のまま、経営者を続けている」と回答した方にお聞きします。その理由は、以下のどれですか(MA: n=1212)

Q7:あなたの事業承継経緯は下記のどれですか(SA: n=1012)

Q8:あなたは、先代の思いや、経営上必要な情報などが整理されて残されていることは重要だと思いますか(SA: n=2297)

Q9:あなたが経営者として引き継いだ際の資金は十分であったと思いますか(SA: n=1041)

Q10:あなたが引き継いだ際に、資金で一番苦労したものを以下の中からひとつあげるとするとどれですか(SA: n=1041)

Q11:現在、あなたは、事業承継計画について考えていますか(MA: n=2297)

Q12:あなたが、事業承継を考える/考えたタイミングは、以下にどれになりますか(MA: n=2297)

Q13:あなたにとって、会社、事業に関して相談する相手はいますか(MA: n=2297)

Q14:あなたが会社で加入している生命保険は、現状や目的にあった内容ですか?(SA: n=2297)

Q15:あなたは会社で加入している生命保険について、会社の状況変化にあわせて見直しを行っていますか(SA: n=1678)

Q16:あなたは相続・事業承継対策に生命保険が活用できるとしたら、その方法に興味はありますか(SA: n=2297)

 

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る