【News】HiJoJo Partnersがイスラエルの非上場サイバーセキュリティ企業を組入れた組入銘柄事前告知型の第3号ファンドの募集を開始

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
日本の投資家に、世界のユニコーン企業をはじめとしたミドル・レイトステージの非上場企業を組入れた、組入銘柄事前告知型の非上場企業投資ファンドを販売する金融スタートアップ、HiJoJo Partnersは、イスラエルの非上場サイバーセキュリティ企業を組入れた第3号ファンドの募集を開始した。

なお、本ファンドは、非上場企業の株式等を組入れたリスクの高い商品となる。そのため、ファンドの募集要項、ファンド組入先銘柄等の詳細については、HiJoJo Partnersの会員制サイトHiJoJo.comでの会員限定公開となる。

HiJoJo Partnersは、この取組みを通じ、我が国では未発達のミドル、レイトステージ投資の活性化を目指す。

HiJoJo Partnersが過去に販売したファンドの組入銘柄(実績)

  • Social Finance, Inc.(通称SoFi、オンライン融資事業を展開する米国のユニコーン企業
  • 23andMe, Inc.(遺伝子検査・解析事業を展開し、世界最大級の研究利用可能な遺伝子データベースを有する米国のユニコーン企業

HiJoJo.comの会員登録について
HiJoJo.comの会員サイトでは、非上場企業の株式等を組入れたリスクの高い商品(HiJoJo Partners販売のファンド)の募集を行なう。そのため、この商品は金融商品取引法および第二種金融商品取引業協会の自主規制に基づいた審査基準に則り、 適合性の原則(*1) 等の条件を満たした投資家にのみ紹介可能となっていることから、申込後、審査結果によっては会員登録できない場合もある。(会員登録は無料)

*1)適合性の原則:金融商品取引法第40条第1号に定められている投資家保護を目的とした規定。顧客の知識、経験、財産状況、目的に照らし、不適切な勧誘を行ってはならないという行為規制が定められている。

[ HiJoJo Partnersについて ]
ユニコーン企業等を組み入れたファンドへの投資機会を提供
HiJoJo Partnersは、国内の投資家に、ユニコーン企業をはじめとした国内外の優良なミドル、レイトステージにある非上場企業等を組み入れたファンドへの投資機会を提供している。
HiJoJo Partnersは、外資系証券出身者を中心とした金融市場とITのスペシャリスト達が集結し、設立された。そして、そのマーケットでの知識や経験、世界中の起業家や投資家との独自のネットワークを活用した金融サービスを展開している。

スタートアップ投資の新しい出口戦略
HiJoJo Partnersは、起業家、エンジェル、ベンチャーキャピタル等のスタートアップ投資家に、IPO、M&A以外の出口戦略、新しい選択肢を提供する。
HiJoJo Partnersは、我が国では未発達のミドル、レイトステージ市場の活性化を目指している。そして近い将来、流通市場の実現や、ユニコーン企業になりうる国内の優良スタートアップ企業もソーシング対象とすることを視野に入れ、事業を展開している。

リスクマネー供給のサイクルを加速する
HiJoJo Partnersは、日本にミドル、レイトステージ市場を確立することで、スタートアップ投資の中継ぎの役割を担い、スタートアップ企業と金融市場のエコシステムに、継続性あるリスクマネー供給と、さらなる発展をもたらしたいと考えている。また、これに並行して東京都では、世界中から人材、資本、情報が集まるグローバルビジネスの場として東京を生まれ変わらせ、ニューヨークのウォール街や、ロンドンのザ・シティと並ぶ金融の拠点としていく「東京国際金融センター」の実現に向けた取組が進んでいる。HiJoJo Partnersは、スタートアップ企業投資に関わる市場参加者の1社として、この構想についても貢献していきたいと考えている。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る