【News】「StockPoint」アプリ内でポイント運用できる銘柄を15銘柄から170銘柄へ拡大

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
個別株式ポイント運用サービスを提供するSTOCK POINTは、2019年3月14日(木)より、STOCK POINTが運営する「StockPoint」アプリ内でポイント運用できる銘柄を15銘柄から170銘柄へ、アセットクラスを2種類から6種類へ、それぞれ対象を拡大する。同時に、銘柄をテーマごとにカテゴリ分けすることでわかりやすくポイント運用できるUIを実装するなど、アプリを大幅にリニューアルした。またこの度のアプリリニューアルに併せて、ポイント運用スタートキャンペーンも開始する。STOCK POINTは今後もポイントを通じた新しい投資体験を多くの方に提供できるよう、サービス向上に努めていく。

一口に株式投資・運用といっても、様々な投資・運用の手法、対象銘柄の選び方がある。企業情報をじっくり分析して対象銘柄を選択したり、身近な企業に投資してみたり、そのような様々な投資・運用を「StockPoint」アプリの世界では体験することができる。

そしてSTOCK POINTはこのたび、アプリ利用者に今まで以上に価値ある投資・運用体験の機会を提供すべく、「StockPoint」で運用できる銘柄数を、株式を含む170銘柄にまで対象を拡大し、またアセットクラスも、従来の個別株、ETFに加え、投資信託、REIT、FX(ドル円)、仮想通貨を追加した。

STOCK POINTは、「StockPoint」アプリ利用者が様々な投資の手法やアセットクラスを体験し、自ら資産形成の方法を選択できるようになったり、何よりも楽しみながら資産形成に取り組めるようになることで人生の幅を広げられるようなチャレンジの機会を提供する。

■「StockPoint」アプリリニューアル概要
日時:2019年3月14日(木)正午
主なリニューアル内容  :
【対象銘柄の追加】東証1部、東証2部、マザーズなど170銘柄へ(別紙ご参照)
【アセットクラスの追加】株式、ETF、投資信託、REIT、FX(ドル円)、仮想通貨の6種類へ
サービス利用料金:無料
推奨環境:iOS 12以上、Android OS 4.4以上
※正式対応していない一部端末では正常に動作しない可能性があります。

■ キャンペーン概要
キャンペーン名  :先着5,000名へ「StockPoint」アプリダウンロード・会員登録で100ポイントプレゼントキャンペーン
期間       :2019年3月14日正午~2019年3月31日正午
対象者      :
①現在STOCK POINT会員でない方で、上記期間中に、新たに「StockPoint」アプリをダウンロードし会員登録まで完了したユーザー様
②現在STOCK POINT会員の方で、上記期間中に、新たに「StockPoint」アプリをダウンロードしクレディセゾンの運用口座との連携を完了したユーザー様
進呈商品     :フリーポイントを100ポイント進呈。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る