【News】楽天証券が「NEXT FUNDS」シリーズ49本の取引手数料を無料化

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
楽天証券は、2019年4月1日(月)より、野村アセットマネジメントが運用する「NEXT FUNDS」シリーズのうち49本※1の上場投資信託の取引手数料を無料にする。これにより、楽天証券において取引手数料が無料となる「手数料0円ETF」の対象銘柄は、業界最多※2の84本※3になる。
楽天証券では、ETFの普及のため、以前よりNISA口座での国内ETFの取引手数料無料化・海外ETFの買付手数料全額キャッシュバック等の積極的な取組みを行っている。さらに2018年には、選択の手数料コース※4や現物・信用の取引種別にかかわらず、特定・一般・NISA全ての口座において対象ETFの取引手数料を無料にする、「手数料0円ETF」プログラムを開始し、多くの顧客から好評を得ている。

今回、さらなるETFの普及と、個人投資家の資産形成をこれまで以上にサポートすることを目指し、野村アセットマネジメントが提供する「NEXT FUNDS」シリーズ49本を「手数料0円ETF」の対象とし、取引手数料を無料にする。

  • 「手数料0円ETF」対象ETFシリーズ : 計84本※3

・「iシェアーズ®ETF東証上場シリーズ」(ブラックロック・ジャパン株式会社運用):16本
・「MAXISシリーズETF」(三菱UFJ国際投信株式会社運用):17本
・「NEXT FUNDS」(野村アセットマネジメント運用):49本※1
・「楽天ETF」(楽天投信投資顧問株式会社運用):2本

  • ETFとは

ETFは、株価指数や通貨・商品価格などに連動するように作られた、証券取引所に上場している投資信託である。少額取引も可能で、取引所に上場しているため透明性も高く、低コストで長期・分散投資が行えます。個人投資家が資産形成を行うにあたり、優良な投資商品の1つだが、日本では認知度がまだ低く、今後の普及が期待されている商品である。

  • 「NEXT FUNDS」について

「NEXT FUNDS」は、野村アセットマネジメントが運用するETFシリーズの統一ブランドである。「野村のETF」を意味する「Nomura Exchange Traded FUNDS」の頭文字であるとともに、「次世代のファンド」のラインアップを展開していく意図を表しており、2019年3月時点、57本が運用されている。「NEXT FUNDS」シリーズを活用することで、国内外の株式、債券、REITからコモディティまで、個人投資家も多彩なポートフォリオ戦略を手軽に実践することができる。

※1:「NEXT FUNDS」シリーズ57本のうち、レバレッジ・インバース、日経225 およびTOPIX 連動型の8 本を除く、49本。2019 年3 月27日現在。
※2:主要ネット証券(口座数上位5社:SBI証券、カブドットコム証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券(五十音順))で比較。(2019年3月27日現在、楽天証券調べ)。
※3:2019年3月27日現在。
※4:カスタマーサービスのオペレーター取り次ぎによる取引の手数料は、適用外となる。また、楽天証券の金融商品仲介業者(IFA)と契約の顧客は、手数料体系が異なる。詳細はIFA担当者へ要確認。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る