【News】DMM.com証券がDMMバヌーシーで『BANUSY 激アツ2歳馬情報』の公開を開始

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。

DMM.com証券は、感動体験を共有する競走用馬ファンド『DMMバヌーシー』を提供している。

DMMバヌーシーに所属する3歳馬「ラヴズオンリーユー」が、先日行われた忘れな草賞を快勝した。今後はGⅠ・オークス(5月19日)出走に向け、調整を進める。これで『DMM バヌーシー』ではサービス開始から2年連続でのクラシック出走となる。
出資者用の掲示板である『ラウンジ』では、「感動をありがとう。 6,7割の仕上がりで、あのパフォーマンスにはビックリです」「文句なし!!バヌーシーやってて良かった。感無量です!!」などと、出資者から、続々と喜びの声が寄せられている。

現在、「ラヴズオンリーユー」に続く、未来のGⅠホース候補の2歳馬13頭の出資申込を受け付けている。
なお、2歳馬13頭のうち、「2018 LASTSELECT CAMPAIGN」の対象馬3頭は、通常よりも会費分が約70~90%割引と、より出資しやすくなっておる。
育成の進み具合により、募集の締切が迫っている競走馬もいるので、出資の際は、余裕をもって申込みたい。

また、新たに「BANUSY 激アツ2歳馬情報」のページを公開した。このページでは、DMMバヌーシースタッフの2名、粟津浩樹と椎名竜大が対談形式で、順調に仕上がっている2歳馬や豊かな素質を見せている2歳馬の「今」について紹介している。
出資するためのとっておきの情報が掲載されている。

■プロフィール
・粟津 浩樹(あわづ・ひろき)
DMMバヌーシーの現場担当。北へ南へ、東へ西へ、所属馬の状態確認のため全国を飛び回る。某大手牧場出身の知識と経験を生かしたラウンジでの懇切丁寧な対応は、多くの会員様に「神」と支持されるも、「くりつ」と間違えられやすいのが玉にキズ。

・椎名 竜大(しいな・たつひろ)
DMMバヌーシーの情報管理担当。某スポーツ紙の元記者で予想のウンチクはお手の物だが、馬券は詰めが甘い。美浦トレセンには毎週足を運んでおり、所属馬の状態チェックはもちろん、ライバル陣営(&馬券)の情報収集にも余念がない。

《DMMバヌーシーとは》
DMMバヌーシーは、競走馬の成長を見守りながら喜びも分かち合える感動共有型の競走用馬ファンドサービスである。口座開設申し込み(入会金無料)から購入まで、すべてスマートフォンで簡単に操作できる。G1ホースの全弟妹や良血外国産馬など、豪華な募集ラインナップとなっている。会員になると、毎週約4本配信される近況動画や写真で、毎日のように愛馬の成長を見守ることができ、バヌーシー専用ラウンジやコメント・アクション機能付き専用レースビュアーで、様々な想いを分かち合い、感動を共有することが可能。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る