【News】株式会社SBIネオモバイル証券が2019年4月10日(水)に開業

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
 SBIネオモバイル証券は、SBI証券とCCCマーケティングとの合弁会社として2018年10月30日(火)に設立された。この度、第一種金融商品取引業者としての登録を受け、2019年4月10日(水)にサービスを開始した。

1. SBIネオモバイル証券の狙い
SBIネオモバイル証券は若年層・投資初心者をターゲットとし、Tポイントとスマートフォンという身近なツールを活用した金融サービスを提供する。ネット証券No.1(※1)の口座数、預り資産、株式委託売買代金を誇るSBI証券で培ったノウハウと、日本最大(※2)の共通ポイントサービス「Tポイント」のデータをもとにしたマーケティング事業を展開するCCCマーケティングのノウハウを活かしたサービス「ネオモバ」を実現した。日々の生活で貯めたTポイントで、簡単に少額から取引できるサービスを提供することで、株式投資をより身近なものとし、個人投資家の裾野を広げることができるものと期待している。

2.「ネオモバ」の特徴
「ネオモバ」では、生活に密着したTポイントを使った株式投資のほかに、親しみやすいデザインや新しい角度からの銘柄レコメンドなど、若年層・投資初心者が資産形成の第一歩を踏み出しやすい商品・サービスを提供する。

■特徴1 日本初!(※3)Tポイントを使って株が買える
年間6,888万人が利用する(※6)Tポイントを使って、1ポイント=1円相当で国内株式の購入が可能。また、国内株式は通常100株単位で取引されるが、「ネオモバ」では1株単位で購入できるので、より少額で取引できる。さらに、特に投資初心者が、まずはTポイントだけで国内株式を購入することも想定し、指定金額内で発注する注文方法も用意した。

■特徴2 月額200円(税抜)で取引放題(※4)
若年層や投資初心者にも株式投資に挑戦してもらいやすいように、サブスクリプションモデルを採用した。従来の株式取引では、1回の取引毎に手数料がかかることが一般的だが、「ネオモバ」では月間の売買代金50万円まで、月額200円(税抜)で何度でも取引可能。毎月の期間固定Tポイント(※5)200ポイントの付与に加え、サービス利用料100円(税抜)につきTポイント1ポイントを付与する。

■特徴3 全自動の資産運用サービス、ロボアドバイザー「WealthNavi for ネオモバ」を提供
ウェルスナビの提供するロボアドバイザー「WealthNavi」をSBIネオモバイル証券向けにカスタマイズした「WealthNavi for ネオモバ」を提供する。
「WealthNavi for ネオモバ」は、客観的で透明性の高いアルゴリズムに基づき、資産運用の全プロセスを自動化した次世代の資産運用サービスである。目標金額を設定し、リスク許容度を計る6つの質問に答えるだけで、資産の組み合わせ(ポートフォリオ)の構築が可能。
また、「WealthNavi for ネオモバ」では、ロボアドバイザー「WealthNavi」として初めて(※7)最低投資金額を1万円に設定している。自動積立も5,000円から設定可能で、「ネオモバ」のターゲットである若年層・投資初心者にも始めやすい金額設定を実現した。なお、サービスの詳細についてはSBIネオモバイル証券のWEBサイトへ。

※1 2018年12月末時点、SBI証券調べ。比較対象範囲は、主要ネット証券5社との比較となる。「主要ネット証券」とは、口座開設数上位5社のSBI証券、カブドットコム証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券(五十音順)を指す。
※2 2019年2月末時点、Tポイント・ジャパン調べ。主要な共通ポイントサービスの提携先店舗数を基準としている。
※3 2019年3月時点、Tポイント・ジャパン調べ。
※4 1ヵ月の約定代金合計額が50万円以下の場合。
※5 期間固定Tポイントとは、SBIネオモバイル証券での利用のみ可能なポイントを指す。
※6 2019年2月末時点、Tポイント・ジャパン調べ。直近1年間にTカードを利用しているアクティブな会員、かつTカードを複数枚お持ちの方は1人として重複を除いたユニークな会員。
※7 2019年4月10日時点 ウェルスナビ社調べ

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る