【News】THEO[テオ]が自動税金最適化サービス「THEO Tax Optimizer」を導入

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
お金のデザインは、THEO[テオ]を利用しているユーザーの声に答え、自動税金最適化サービス「THEO Tax Optimizer (テオ タックス オプティマイザー )」を導入した。これにより、THEOでの資産運用がもっとお得になる。
「THEO Tax Optimizer(テオ タックス オプティマイザー)」について

■概要
THEOは2019年6月から自動税金最適化サービスを開始する。本サービスは、お金のデザイン自社開発のアルゴリズムを利用し、ポートフォリオの資産配分を維持しながら、税負担を軽減する2種類の取引を自動的に行う。

1、取引などにより「実現利益」が発生している場合、評価損を実現する取引を実施し相殺することで税負担を軽減する 
配当金を受け取った場合やリバランスなどの取引により「実現利益」が出た場合、税負担がかかる。そこで、THEOはポートフォリオ内に「含み損」がある銘柄の売却を行うことでその「損失」を実現させ、利益を相殺する。
また同時に類似の銘柄(同一の指数または類似の指数を参照するETF)を同価格分買い戻すことで、ポートフォリオの資産配分を維持する。最適化により、課税対象となる利益を低減し、税負担を翌年以降に繰り延べることで今年の税負担の軽減を行う。

2、取引などにより「実現損失」が発生している場合、評価益を実現する取引を実施し翌年以降の税負担を軽減します
1とは逆に、取引によって「実現損失」が出た場合、ポートフォリオ内に「含み益」がある銘柄の売却を行い、「利益」を実現させ、損失を相殺する。また同時に類似の銘柄を同価格分買い戻すことで、ポートフォリオの資産配分を維持する。最適化により、翌年以降に発生し得る税負担を、本年中に相殺し軽減することができる。

※本サービスの取引は、預け入れ資産額、ポートフォリオ、組み入れETFや、マーケットの状況により変化する。税負担の繰り延べや軽減を保証するものではない。

■ 対象
口座区分を「特定口座(源泉徴収あり)」に設定している方
※口座区分はマイページより変更可能です。毎年1月15日から12月15日までの期間に、翌年以降の口座区分を変更予約できる。

■ 条件
自動税金最適化により予想される効果が2千円を超える場合を目安として、取引を行う。

■ 開始時期
2019年6月
※本年分(2019年1月から)の税負担に対し、適用される。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る