【News】楽天証券が一般信用「無期限」の金利・貸株料を大幅引き下げ

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
楽天証券は、2019年6月3日(月)約定分※1より、信用取引サービスの一般信用取引「無期限」における買方金利および貸株料を、それぞれ業界最低水準※2の2.80%(買方金利・年率)、1.10%(貸株料・年率)に引き下げることを発表した。

楽天証券では、個人投資家にあらゆる投資戦略にあわせて取引してもらうため、4つの信用取引サービス(制度信用取引、一般信用取引「無期限」、「短期売建」、「いちにち信用」)を提供している。一般信用取引は、証券金融会社を利用せず株式を調達するので、逆日歩がかからず、コストをおさえて取引することが可能である。特に一般信用取引「無期限」は、返済期限を気にすることなく長期的に取引できるほか、IPO銘柄を上場初日から買建できるため、投資機会を逃さず取引してもらうことが可能である。

このたび、一般信用取引「無期限」の買方金利・貸株料を業界最低水準に引き下げることで、今まで以上にコストをおさえて取引できるようになる。

楽天証券では、今後もお客様のニーズにあわせた商品・サービスを提供することで、更なる顧客基盤の拡大を図っていく。

■楽天証券の一般信用取引「無期限」コスト 新旧比較表(年率)

一般信用取引「無期限」     引き下げ後    現状
買方金利※3 通常      2.80%   3.09%
買方金利 優遇金利      2.10%   2.90%
貸株料      1.10%   2.00%

※1:保有中の建玉は、2019年6月6日持ち越し分より対象。
※2:主要ネット証券(口座数上位5社:SBI証券、カブドットコム証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券(五十音順))で比較。(2019年5月13日現在、楽天証券調べ)。
※3:楽天証券の金融商品仲介業者と契約の顧客は買方金利が異なる。詳細はIFA担当者へ。

■取引コスト他社比較表(年率)

※4:月次新規建5億円以上などの条件あり。

※5:前1ヵ月の新規建30億円以上などの条件あり。
※6:2019年9月28日受渡分からは、年率2.00%。
その他、詳細は楽天証券および各社のホームページへ。

■楽天証券の信用取引比較表

※7:最終返済日は、6ヵ月目応当日の前営業日である。
※8:IFA取扱口座を除く。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る