【News】立花証券ストックハウスが「現物手数料0円プラン」の提供を実施

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。

立花証券は、ネットトレード部門の立花証券ストックハウスにて、2019年5月20日(月)より新規で証券口座を開設した方の現物株式取引手数料を最大半年程度無料とする「現物手数料0円プラン」の提供を開始することを発表した。

新たに株式取引を始めてみたい方、経験はあるがさらに手数料を抑えて取引をしたい方には最適なプランとなっている。この機会に立花証券ストックハウスでの取引を検討したい。

■プラン概要
① プラン提供期間中に新規で「証券口座」の開設が完了したお客様を対象に、口座開設完了日の翌営業日から約3か月間(60営業日・約定日ベース)の現物株式取引手数料を無料とする。
② さらに、上記無料期間中に信用新規建もしくは投資信託買付をした方には約3か月間(60営業日・約定日ベース)追加し、合計6か月間(120営業日・約定日ベース)の現物株式取引手数料を無料とする。

プラン提供期間:2019年5月20日(月)から
※当面の間、提供終了期限を設けずに実施する。
手数料が無料となる取引:現物株式取引(NISA含む)
手数料が無料となる取引期間:
① 証券口座の開設完了日の翌営業日から60営業日(約定ベース)まで。
② さらに上記期間中に「信用新規建」もしくは「投資信託買付」が約定された場合、60営業日(約定日ベース)を追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る