【News】和不動産が投資用ワンルームマンション購入時にかかる諸費用分まで正当にローンが組めるサービスを開始

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。

和不動産は、投資用ワンルームマンション購入時にかかる諸費用分まで正当にローンが組めるサービスを開始している。

これは提携するオリックス銀行が提供するもので、同行との取引がある不動産会社の中から長年の実績が認められた限られた企業しか扱うことのできないサービスである。物件価額の105%までの融資を物件と同様の最優遇金利で借りることができ、本来ならば自己資金で賄う物件購入時の諸費用も合わせてローンが組めるというもの。

顧客の信用力を利用し、正当な理由で、本当に自己資金0円で投資用ワンルームマンションを購入することができる。もちろん、利用には条件があり、額面年収500万円以上や勤務先等の制限はあるものの、20代の会社員や、自己資金を使いたくない方には朗報である。

とはいえ、不動産投資というと昨年賑わせたシェアハウスやスルガ銀行問題というネガティブなイメージがつきまとう。だが、人生100年時代、年金もあてにならない日本の将来で、私的年金のためには、貯金をするだけでなく、何か安定・安全な資産運用は必須である。
そこで、同社が提案する「23区築浅ワンルームマンション経営」だが、平均年間入居率99%超えをており、オーナーはほとんど手間がかからず、また売主ならでは家賃保証等手厚い購入後のサポートが充実している。

とはいうものの、投資である以上リスクも0ではない。融資期間45年にもなる長期に渡る運用となるため、ローンの金利上昇、家賃下落や空室、経年劣化による修繕費負担などリスクは必ずつきまとう。
そのようなリスクはどうやって解決したらよいのだろうか?

ズバリ、和不動産では、購入後の定期面談を実施しており、現在の問題解決や今後のリスク回避や運用改善提案など、二人三脚でオーナーの資産運用成功まで導くという。

運用改善提案の根拠となる「N-RICOS」という独自開発のコンサルティングシステムは、全オーナーの全物件の運用実績や空室率や修繕履歴からROIといった費用対効果まで全て数値化、可視化しているため、信頼性が高まる。さらに、オーナーの支出削減や目標管理までこのシステムで全て管理できる。いわば最終目標達成まで最短で案内してくれるカーナビのようなサービスができるというから安心して任せられそうである。

投資を始めたい初心者でも、既に不動産投資を始めているが不安が解消されてない方も、この機会に、自己資金0円で、安全・安定の不動産投資を和不動産で初めてみるのはどうだろうか。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る