【News】ぜんち共済の障がいのある方の保険の保有契約数が45,000件を突破

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
 ぜんち共済が提供する「ぜんちのあんしん保険」と「ぜんちのこども傷害保険」が、2019年4月末時点で保有契約数45,000件に達しましたことを発表した。

 ぜんち共済は2000年7月、知的障がい者の豊かな生活と日々の安心のために設立された「全国知的障害者共済会」を前身とし、2004年の保険業法の改正に伴い設立、2008年2月、知的障がいや発達障がいがある方に医療保険等を提供する少額短期保険業者として関東財務局の登録を受けた。

病気やケガで入院した場合の「医療保障」、他人にケガをさせたり他人の物を壊したりしたときのための「個人賠償責任補償」、万一のときの「死亡保障」に加えて、トラブルなどに巻き込まれたときの弁護士費用を補償する「権利擁護費用補償」を備えた商品である。

ぜんち共済はこれからも社是である「ともに助け、ともに生きる」の精神に根ざし、一人でも多くの障がいのある方の「安心した生活」の実現に向けて成長を続けていけるよう、魅力的な商品の提供とサービスの向上に努めていく。

【ぜんちのあんしん保険】
「知的障がいや発達障がいのある方に安心の4大保障を備えた総合保険」
・5歳から84歳まで加入できる。(75歳以降は更新のみ)
・「死亡保障」:病気やケガで万が一亡くなった場合の保障。
・「医療保障」:病気やケガで入院した場合に1泊2日からの入院を保障。
・「個人賠償責任補償」:他人にケガをさせたり他人の物を壊したりしたときに補償。
・「権利擁護費用補償」:消費者被害などのトラブルに巻き込まれたときにトラブルから救済するための弁護士費用を補償。

【ぜんちのこども傷害保険】
「特別支援教育を必要とされる方のための権利擁護補償付傷害保険」
・5歳から18歳まで加入できる。
・「死亡保障」「医療保障」:学校内外を問わず不慮の事故による死亡と入院・通院を保障。
・「個人賠償責任補償」:他人にケガをさせたり他人の物を壊したりしたときに補償。
・「権利擁護費用補償」:虐待等の被害事故に遭われた際、相談から解決までの弁護士費用を補償。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る