【News】保険ロボアドバイザー「ドーナツ」がSBI生命と代理店委託契約を締結

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
保険ロボアドバイザー「ドーナツ」を運営するSasuke Financial Labは、この度、SBI生命保険と代理店委託契約を締結し、2018年8月17日より、同社商品の定期保険「クリック定期」及び 終身医療保険「も。」の取り扱いを開始した。

 

取り扱いを開始したSBI生命の「クリック定期」は、ライフステージ毎に見直しができる、手軽でシンプルなインターネット申込専用の定期保険である。SBI生命の「も。」は、入院・手術も、先進医療も、退院後の通院も、在宅医療も保障する終身医療保険である。

商品の特徴

 

「クリック定期」(正式商品名:インターネット申込専用定期保険(無解約返戻金型))

ライフステージ毎に備えるべきリスクの大きさは異なる。この保険は、ライフステージの変化に合わせて保険金額の見直しができる保険である。見直しのタイミングと手頃な保険料を両立するため、保険期間を10年に統一。保険金額は新規で契約の場合、 300万円~1億円(契約年齢20歳の場合は5,000万円)の範囲で、100万円単位で選べる。

「も。」(正式商品名:終身医療保険(無解約返戻金型))

入院や手術を一生涯保障する終身医療保険である。特に、退院後の保障が充実していて、終身通院特約、終身在宅医療特約がつけられる。また、最新の医療技術である先進医療の自己負担分を保障する先進医療特約もある。
【SBI生命保険株式会社について】

SBI生命は2015年2月にSBIグループの一員となり、2016年2月から時代のニーズに応える在宅医療を保障する医療保険や定期保険を販売している。SBIグループは、創業来インターネットを活用した多様な金融サービス事業を展開するFinTech企業として、各事業においてさらなる顧客利便性の向上やサービスの独自性の追求、新技術の導入を推進している。 SBI生命においては IoT やビッグデータを活かした画期的な商品の開発・提供を通じて顧客に安心を届けている。

会社名:SBI生命保険株式会社
代表取締役社長:飯沼邦彦
所在地:東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー

ドーナツとは?

 

【主な機能と特長】

  1. 約1分で最適な保険の組み合わせを提案
  2. ユーザーに寄り添った保険サービス
  3. 複数の保険会社の商品から提案

① 約1分で最適な保険の組み合わせを提案
7つの質問に答えると、ユーザーに最適な保険を提案する。平均的な所要時間は約1分。保険選びには時間と労力がかかるというこれまでの常識が変わる。

② ユーザーに寄り添った保険サービス複数の専門家が開発に携わった独自アルゴリズムが「死亡保険、医療保険、がん保険、就業不能保険」の中からパーソナライズされたベストな組み合わせを分析する。ユーザーの選択肢によっては、いずれの保険も必要性が低いとの診断が出る場合もある。

③ 複数の保険会社の商品から提案
比べることが当たり前の時代。「ドーナツ」は複数の保険会社の商品の中から、ユーザーに最適な組み合わせを提案する。提携の保険会社は今後随時増えていく予定。

【使い方 ~保険選びの第一歩~ 】

  1. 直感的に回答できる7つの質問(準備は必要なし)
  2. 回答内容を独自アルゴリズムで分析、ベストプランを作成
  3. 取り扱う複数の保険会社の中から、オススメの商品をご提案

 

 

Sasuke Financial Lab株式会社について

Sasuke Financial Lab株式会社は、ファイナンシャル・プランナーのノウハウをもとに家計改善のアドバイスを提供する「ウェルスケア」、最適な保険の組み合わせを提案する「ドーナツ」を通じて、現役世帯の「家計」にゆとりを生み、結婚、出産、子育て、進学といった、多くの選択肢が実現できる社会を目指している。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る