【News】クラウドクレジット、第一生命保険及び三菱UFJキャピタルからの資金調達

クラウドクレジットは、第一生命保険及び三菱UFJキャピタルを引受先とする約1.3億円の資金調達の実施に合意した。2017年12月4日に発表した分を含めると、今回のシリーズでは合計5.3億円の資金調達となるという。

このうち、第一生命保険からの資金調達については、ESG投資の一環であるインパクト投資に該当する。ESGとは、それぞれEnvironmental、Social、Governance の頭文字。第一生命保険は、安全性・収益性の視点に加え、社会性・公共性(環境保護や社会貢献、ダイバーシティへの取組み、コーポレートガバナンス等)の視点も盛り込んだESG投資に取り組む。なかでも、運用収益の獲得と社会的インパクトの創出(社会の構造変化等)の両立を意図して投資判断を行う投資手法を「インパクト投資」として定義する。

詳細は、第一生命保険によるプレスリリース
http://www.dai-ichi-life.co.jp/company/news/pdf/2018_002.pdf

今シリーズの資金調達により、クラウドクレジットは、
・ファンド審査プロセスの強化による組成件数および種類の増加
・保有ポートフォリオの状況およびリスク・リターンの可視化に係る機能の開発、実装
・コンプライアンスおよびオペレーション体制の更なる強化
・上記を行うためのファンド組成・運用担当者、金融エンジニア、管理部門担当者等の採用
等を通じ、引き続き経営基盤及び運営体制の強化・投資家の皆様向けのサービスの充実を図ることを目的としている。

■今回の主な資金調達先一覧
・ 第一生命保険株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:稲垣 精二)
・ 三菱UFJキャピタル株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:半田 宗樹)が運営するファンド(名称:三菱UFJキャピタル6号投資事業有限責任組合)

■海外特化のソーシャルレンディング『クラウドクレジット』について
ペルー、カメルーンなど発展途上国の資金需要者と日本の個人投資家を繋ぐ金融サービス「ソーシャルレンディング」の事業者として2013年1月に設立、2014年6月にサービス開始。世界のローンに分散投資ができるという新しい投資機会、また低金利下の日本において期待利回り約5%~13%を中心とした商品に共感をいただき累計出資金額90億円超、ユーザー登録数24,000名超(2018年4月5日時点)。

【会社概要】
会社名:クラウドクレジット株式会社
URL:https://crowdcredit.jp/
代表者名:杉山智行
所在地:〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町1-8-1 茅場町一丁目平和ビル802
設立:2013年1月
資本金等:1,234,548千円
第二種金融商品取引業
関東財務局長(金商)第2809号
一般社団法人 第二種金融商品取引業協会 加入

【本件に関するお問い合わせ先】
クラウドクレジット株式会社 財務担当:坂本 広報担当:水野
Tel : 03-6268-9210
E-mail:info@crowdcredit.jp

 

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る