【News】楽天銀行×楽天証券口座連携サービス「マネーブリッジ」に新機能を追加

The following two tabs change content below.

AssetCafe

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
楽天銀行と楽天証券は2018年5月1日より、両社の口座連携サービス「マネーブリッジ」に新機能を追加した。

「マネーブリッジ」に申込むと普通預金金利に年0.10%(税引後0.079%)の優遇金利が適用されるというもの。楽天証券での取引時の不足資金を楽天銀行の預金残高から自動入金し、また、毎営業日夜間に証券口座にある資金を楽天銀行に自動出金する自動入出金(スイープ)機能があるため、自身で資金を移動する手間なく、優遇金利が適用される。また、楽天銀行および楽天証券双方からそれぞれの口座に残す金額の設定や変更が可能となり、自動入出金(スイープ)を利用するお客様の利便性が大幅に向上する。▼  お客さまログイン後の画面イメージ

<追加機能の概要>
1.  自動入金時に楽天銀行口座に残す金額の設定が可能
従来、楽天銀行口座への自動出金時には、予め金額を設定することで楽天証券口座に一定金額を留めておくことができたが、楽天証券口座への自動入金時についても、楽天銀行口座に残す金額を予め設定できるようになる。

2.  楽天銀行ウェブサイトのログイン後画面から自動入出金(スイープ)の設定が可能
これまで、楽天証券ウェブサイトのログイン後画面からのみ可能であった自動入出金(スイープ)の設定が、楽天銀行ウェブサイトのログイン後画面からも設定・解除ができるようになる。

マネーブリッジの詳細についてはこちら。
https://www.rakuten-sec.co.jp/web/bank/

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る