【News】クラウドポート、ソーシャルレンディング投資家に聞いた「ソーシャルレンディング投資の選び方」アンケート結果公開

The following two tabs change content below.

AssetCafe

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。

ソーシャルレンディング比較サービス「クラウドポート」を運営する株式会社クラウドポートは、5月9日、クラウドポートニュースにも寄稿しているブロガーの中田健介さん調べによる、「ソーシャルレンディング投資の選び方」に関する投資家アンケート結果を公開した。その結果、事業者を選ぶ際に最も重視することは事業者の信用度、ファンドを選ぶ際は高利回りよりも安全性重視、国内不動産案件が人気、といった傾向があることがわかったという。

アンケート回答者:ソーシャルレンディング投資家 14名

ソーシャルレンディング事業者を選ぶ際、最も重要なのは“事業者の信用度”

代表者・経営陣の経歴」を重視して事業者を選択するという方が10名で、最も多い回答。特に新規事業者については、代表者や経営陣の経歴が気になるという方が多く、金融業界での十分な実務経験・実績がることなどが重要といえる。また、「親会社・出資者の信用度」(8名)、「実績(営業年数・募集総額など)」(6名)を挙げる方も。事業者の信用度が選択の第一条件となっており、厳しくチェックするという投資家が多い。加えて、「ファンドの利回り」を重視するという投資家も9名で、ソーシャルレンディング投資の高利回りに魅力を感じる投資家が多いことがわかる。以降、「ビジネスモデル・スキーム」(5名)、「サイトのデザイン・システムの使いやすさ」(4名)、「事業者自体の経営状況(資本金・負債比率・黒字かどうかなど)」(4名)、「情報の透明性」(4名)が続き、これらの要素も各投資家に重視されている。

一方で、「投資テーマ」(2名)、「募集されるファンド数や規模」(1名)、「キャンペーン」(1名)を挙げる投資家は比較的少なく、これらの要素はそれほど重視されていない。また、その他の要素として「事業会社の評判、長期滞留の遅延がないかどうか」を挙げた投資家もいた。

ファンドを選ぶ際に投資家が重視するポイント、
高利回りよりも安全性を重視

次に、「ファンドを選ぶ際に何を重視しますか。」という質問をしたところ、実に12名の投資家が「投資期間」と回答。投資期間が長すぎるファンドは、資金が拘束される期間が長く、リスクも高いと考えられることから敬遠される傾向にある。また、2番目に重視されている要素が「担保・保証」(9名)。「利回り」を重視しているという投資家は4名で、意外に少ない結果。

高利回り案件が人気がというイメージがありますが、実は利回りよりも安全性を重視する投資家が多いようだ。

投資テーマとして最も人気が高いのは「国内不動産」

「好きな投資テーマは何ですか」という質問に対しては、最も人気が高かったのは「国内不動産」で、10名の投資家が挙げている。前述のファンド選択の基準として「担保・保証」を挙げた投資家は、不動産担保が設定されている国内不動産案件を好む傾向がある。

一方、「海外不動産」(3名)、「海外事業性資金」(1名)、「海外個人ローン」(0名)と、海外の投資テーマを挙げた投資家は比較的少ない。海外投資には為替リスクやカントリーリスクなどがあることが投資家に敬遠されている理由として考えられる。

利回りを高めるために行なっている対策の最多は
「利回りのよいファンドに積極的に投資する」こと

「ソーシャルレンディングの利回りを高めるために行なっていることは何ですか。」という質問に対し最も多かった回答は、「利回りのよいファンドに積極的に投資する」ことで、9名の投資家が実施。また、「こまめに再投資する」(8名)、「投資期間の長いファンドに積極的に投資する」(4名)、「融資実行までの期間が短いファンドを選ぶ」(2名)といった対策で資金効率の向上を図ることも多くの投資家が実践している。

REITやロボアドバイザーなど、投資家はソーシャルレンディング以外にも様々な投資にチャレンジ
総資産の90%をソーシャルレンディング投資に回す投資家も!

「ソーシャルレンディングの他にどの投資を行なっていますか」という質問に対して最も多かったのは、「投資信託・REIT・ロボアドバイザー」(10名)と「国内株式(7名)」。また、近年話題の「仮想通貨」に投資している方も6名。ソーシャルレンディングとは同じFintechのカテゴリで語られることも多く、興味を持つ投資家も多いようだ。以下、「FX」(5名)、「外国株式」(4名)、「債券」(3名)、「現物不動産」(2名)と、インカムゲイン型、キャピタルゲイン型に関わらず、様々な投資にチャレンジしている。

最後に、「総資産のうちどの程度の割合をソーシャルレンディングに投資しているか」を聞いたところ、「80%〜100%」と回答した投資家が4名で最も多かったものの、投資している割合は投資家ごとに広く分かれる結果となった。

最高で総資産の90%をソーシャルレンディングに投資している投資家もいたが、一方で10%程度という投資家も。ソーシャルレンディングをポートフォリオの中心に位置づけている投資家や、株式など他の投資をメインで行なっており、ソーシャルレンディングを待機資金の一時的な運用先としている投資家など、それぞれ活用方法が異なるために、比率について大きなばらつきがあるものと考えられる。

まとめ

投資家は、事業者・ファンドの選択で、いずれにおいても安全性を第一に考えている傾向がうかがえる。一定の安全性の基準をクリアした上でないと投資しない、という考え方が多い。一方で、その基準の範囲内では積極的に高い利回りを狙って、こまめに再投資するといった工夫をしている方も多くみられる。また、ソーシャルレンディングをポートフォリオ全体の中でどう位置づけているかについては人それぞれで、ソーシャルレンディングの活用方法は1つではないと気づかされる結果となった。


【ソーシャルレンディングについて】

ソーシャルレンディング(投資型/融資型クラウドファンディング)は、お金を投資したい一般投資家と、お金を必要としている人・会社を、インターネット上でマッチングする、新しい金融技術(フィンテック)の一分野。投資を募集する主体は金融庁から第二種金融商品取引業の免許を取得した事業者等で、2017年には、1年間で1,316億円もの投資が集まっており、これは2016年と比較して147%の成長率となります(1)。投資家は数万円程度の小口から投資ができること、利回りが高く、安定した配当が得られること、金融知識によって投資成績に差がつきにくいことなどの特徴があり、一般の方にとって検討しやすい投資商品。一方で、元本毀損のリスクがあることに注意が必要だ。

【株式会社クラウドポートについて】
クラウドポートは、ソーシャルレンディング主要各社の動向を投資家目線に立って分析、発信していくソーシャルレンディング専門メディア、横断検索サイト。
ソーシャルレンディングファンドを事業者横断比較できるサイト「クラウドポート」
https://www.crowdport.jp
ソーシャルレンディングに特化した専門メディア「クラウドポートニュース」
https://www.crowdport.jp/news/

【経営者略歴】

代表取締役 藤田雄一郎:早稲田大学商学部卒業後、株式会社サイバーエージェントに入社。2007年にWEB構築、マーケティング支援事業を行う企業を創業し、2012年に上場企業に売却。2013年に大手ソーシャルレンディングサービスを立上げ、サービス開始から約2年半で80億円の資金を集めるプラットフォームに成長させた。2016年11月に株式会社クラウドポートを創業。

共同創業者 柴田陽:東京大学経済学部卒業。戦略コンサルティング会社マッキンゼー・アンド・カンパニー出身。店舗集客サービス「スマポ」を展開する株式会社スポットライト、バーコード価格比較アプリ「ショッピッ!」、タクシー配車アプリ「日本交通タクシー配車」「全国タクシー配車」など、数々のヒットアプリを手がけ、3つの会社を創業・売却した経験を持つシリアルアントレプレナー。2016年11月に株式会社クラウドポートを創業。

商号 株式会社クラウドポート
本社 東京都渋谷区渋谷
代表取締役 藤田雄一郎
設立 2016年11月1日
資本金 188,005千円

脚注
1)    クラウドポート調べ。成立総額

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る