【News】松井証券、創業100周年に合わせ総額100億円の記念配当実施を決定

松井証券は2018年5月10日開催の取締役会において、2019年3月31日を基準日として、総額100億円の創業100周年記念配当を実施することを決議した。

松井証券は、大正7年(1918年)創業以来5月10日に100年を迎えた。その記念配当として、2019年3月期の期末配当金に加え、総額100億円の「創業100周年記念配当」を実施する。

なお、当期についてもこの記念配当とは別に、基本方針に基づいて普通配当を実施する予定だという。

・配当性向 : 60%以上100%以下 且つ
・純資産配当率(DOE) :8%以上

(参考)

※2019年3月期の1株当たり記念配当金額は、記念配当総額を256,756,069株(2018年3月末日時点
の発行済株式総数から自己名義株式数を減じたもの)で除した参考値。
※2018年3月期の期末配当は、2018年6月開催の定時株主総会に付議する内容。

(配当金額と配当性向の推移)


※配当性向は、普通配当を基準とした数値。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る