【News】株式投資型クラウドファンディングFUNDINNO累計成約額が10億円突破

The following two tabs change content below.

AssetCafe

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。

日本クラウドキャピタルが運営する、株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO(ファンディーノ)」における累計成約額が10億円を6月4日に突破し、10億1691万円に到達した。

■10億円突破・平均成約額増加傾向
日本クラウドキャピタルの運営する『FUNDINNO』でのプロジェクトは33案件、そのうち、29案件が案件として成立している(4案件が不成立)。平均成約額は2017年度は約3100万円、2018年度は5月17日時点では約3300万円だったが、33号案件をもって、約3500万円となり、平均成約額は増加傾向にある。(2018年6月4日現在)

■株式投資型クラウドファンディングの市場規模と弊社の目標
日本における、2018年の株式投資型クラウドファンディングによる調達額は約50億円程度と前年比5倍に増える見込み(当社予想)。市場の拡大を追い風に、日本クラウドキャピタルは、『FUNDINNO』を利用して資金調達する企業の累計資金調達額が、今年度末には40億円となることを目指している。

■10億円の節目を経て
日本クラウドキャピタルは、まだ市場に認知されていないものの、輝きを持った企業を科学的な根拠を持って、選定している。日本クラウドキャピタルの厳正な審査を通過した企業が市場に受け入れられるかどうかは、最後は、投資家に委ねるという「集合知」の概念を大切にしている。また、「投資家様保護」を実現させるために「発行者様支援」を表明している。日本クラウドキャピタルにとっての「投資家様保護」の本質は、発行会社の成長に寄与することであると考えている。累計成約額約10億円の節目を迎えるにあたり、新規性・革新性のあるベンチャー企業の資金調達環境をサポートすることにより、可能性のある企業のスタートアップの速度を加速させることに邁進していく。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る