【News】楽天証券「らくらく担保」サービス開始 ‐投資信託も担保に加えて、効率的な資産運用が可能に

The following two tabs change content below.

AssetCafe

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。

楽天証券が、新たな保証金・証拠金管理機能「らくらく担保」サービスの提供を開始する。また、従来までは、代用有価証券として国内株式のみ利用できたが、新たに投資信託が追加され、レバレッジ取引において、効率的に資金を運用できるようになる。

「らくらく担保」サービスとは、現金、国内株式又は投資信託など、お客様が様々な形で保有されている資産を、信用、FX及び先物・オプション取引の担保として効率的な活用が可能となる仕組みである。2018年7月23日(予定)から、信用取引の代用有価証券に投資信託を追加し、2018年末を目途に、FXや先物・オプション取引においても、国内株式と投資信託を代用有価証券として利用できるようになる。これにより、現金、国内株式又は投資信託を組み合わせた、効率的なレバレッジ取引を行える環境が整う。

また、より投資効率を向上させるため、新規建て時に、現金又は保有の国内株式若しくは投資信託を保証金・証拠金又は代用有価証券として各種取引口座へ必要な分だけ自動的に振替えができる機能(以下、「自動振替機能」)を提供する。楽天銀行と楽天証券の口座連携サービス「マネーブリッジ」を設定すると、楽天銀行の普通預金口座残高から現金を振替えることも可能となる。あらかじめ自動振替機能を設定することにより、取引毎に各種取引口座への資金振替をおこなう手間がなくなる。

取引画面についても、取引状況を1つの画面で表示する機能を新たに提供し、同時に複数の取引をしている場合でも、取引毎のページを確認することなく、簡単に資金管理をすることができる。

楽天証券では、「らくらく担保」のサービス開始に伴い、2018年6月中旬より、新たに担保として利用可能になる投資信託について移管キャンペーンを実施予定である。

■「らくらく担保」3つの特徴
・保有している株式と投資信託を代用有価証券として有効活用
信用、FX、先物・オプション取引において、国内株式・投資信託(受取型・再投資型)を担保として利用できる。
※投資信託は2018年7月23日(予定)から信用取引の代用有価証券に追加される。
※2018年末を目途に、FX、先物・オプション取引においても、国内株式・投資信託の代用利用が可能となる。

・現金・現物株式・投資信託を自動で各取引の担保に振替え
新規建てや追証解消時に担保として振替える対象と取引の種類を事前に設定することで、自動で担保として振替えを行う。さらに、顧客自身で保証金率・維持率の設定も可能なため、相場急変時の追証発生も軽減することができる。指定した維持率を上回り、余った担保については自動で振替え、他商品の取引に利用できる。
※信用取引は2018年7月23日(予定)に対応し、FX、先物・オプション取引は2018年末を目途に対応予定

・取引状況を1画面で簡単に管理
信用、FX、先物・オプション取引の不足金や追証、新規の買い注文・出金できる余力状況は1つの画面で確認できる。(2018年末を目途に対応予定)

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る