【News】パナソニックセンター大阪が民泊向け住空間展示をリニューアル

パナソニックは、2018年6月23日(土)、パナソニックセンター大阪(大阪市北区大深町4番20号 グランフロント大阪 南館内)内の民泊をテーマにした住空間展示をリニューアルし、住宅宿泊事業法(※)の施行によって需要が高まると予想される”民泊リフォーム”の提案を強化することを発表した。

パナソニックセンター大阪の民泊リフォーム展示は2016年12月にスタート。同年4月に大阪府の特区民泊条例が施行されたが、まだ多くの方にとっては身近でなかった民泊を、新しいくらし方としていち早く発信してきた。

今回は『実家に活力、生きがいがうまれる民泊リフォーム』をテーマに展示内容を一新。「50代の夫婦が空き家になった実家をリフォームし、料理や陶芸などの趣味を活かしながら”日本文化の体験型民泊”を始める」シーンを想定し、ゲストをもてなすLDKと陶芸を体験できる土間を提案するという。古い家屋の機能性や快適性を高めつつ、純和風の建築様式や庭を活かした日本の伝統美を伝えるインテリアデザインがポイントだ。
同センターでは、定期開催してきた民泊関連のセミナーに加え、専門家による個別アドバイスサービスも開始する。また「くらし総合コンシェルジュ」と連携して、具体的なリフォームや資金面の相談なども受け付けていくという。

【ミニガイドツアー】
日時:2018年6月23日(土)~6月24日(日)13時00分~16時00分の間で随時(約15分間)
内容:住空間展示にてナビゲーターがわかりやすく紹介します。アンケートに協力いただいた方には記念品を進呈。

【民泊個別アドバイスサービス】
日時:2018年6月23日(土)~ 毎週土曜日 13時00分~18時00分
内容:民泊経営に興味がある方や空き家の活用をしたい方など、民泊に関するさまざまなお悩みの相談を無料で承り。

【セミナー】
「民泊ビジネス成功の秘訣~収益・稼働率UP編~」
日時:2018年7月21日(土)14時00分~15時30分
内容:正しい民泊で成功に導く方法
講師:一般社団法人 日本民泊協会
(民泊関連セミナーは、定期的に開催)

●各イベントの詳細は、今後下記WEBサイト等で発信予定。
http://panasonic.co.jp/center/osaka/event/all/

※ 住宅宿泊事業法(民泊新法)は、従来の旅館業法で定める4つの業態(ホテル、旅館、簡易宿所、下宿)や特区民泊に当てはまらない営業形態である「住宅宿泊事業」に関して規定された法律。2018年6月15日(金)に施行される。都道府県等へ届け出ることによって年間180日を上限に、住宅での宿泊事業が可能になる。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る