【News】オンライン型住宅ローンサービス「モゲチェック」に新規借り入れ機能が追加

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
住宅ローンに特化したフィンテックのスタートアップであるMFSは、オンライン型住宅ローンサービス「モゲチェック」に、住宅購入予定者に対する新規借り入れ機能を5月8日に追加する。

本機能は、ユーザーが住宅購入時にウェブ上で「全国124金融融機関における最安金利(No.1金利)の住宅ローン」に申し込むことができ、面倒な書類収集や金融機関との交渉は全てMFSが代行する機能である。従来の借り換えおよび管理機能に加えて本機能が追加されることにより、住宅購入時の借り入れから返済中のローン管理、そして必要に応じてより良い条件のローンへの借り換えまで、全てウェブ上で完結する日本初(MFS調べ)の住宅ローン・ワンストップサービスが実現する。

  • 新規借り入れ機能の特徴

1. 最安金利(No.1金利)を提案
MFSで収集している全国124金融機関のローン金利情報の中から、金融機関が一般には公開していない金利も踏まえた最安金利をユーザーへ提案する。ユーザーは、約30項目の簡単な質問にウェブ上で回答するのみで、最安金利で借り入れが可能か、金融機関の事前審査を踏まえた結果が入手できる。借り入れを進める際には、金融機関との連絡や審査書類の収集などの手続きはすべてMFSが代行する。

※モゲチェックが提案した金融機関での借り入れが実行に至った場合、借り入れ元本金額の0.5%(下限10万円、上限50万円/税別)が、利用料金としてユーザーに発生する。

2. 審査に通りやすいユーザーからそうでないユーザーまで、幅広い層に対応
最安金利の審査に通らなかった場合でも、その次にベストな金融機関を紹介し、借り入れ手続きをMFSが代行する。

3. 住宅ローン完済まで最安金利をキープできる
借り入れ後は、MFSがユーザーに代わり「今後の金利動向」「現時点での借り換えによる金利削減額」「現在の自宅の資産価値」を管理し、毎月情報を更新する。ユーザーは自分で情報収集せずとも、金利タイプの変更時期や借り換え時期、自宅の売却時期を検討することができ、借り換えを都度行うことで最安金利をキープすることが出来る。

また今後、本機能を不動産会社にも提供することを予定している。不動産会社は、住宅ローンの提案や申し込み手続きをMFSへ外部委託することができ、住宅ローン事務作業の削減が可能である。

  • サービス利用の流れ

不動産会社で提示されたローンの条件を入力すると、No.1金利よりお得かどうかが判定される。MFSが提案するローンに申し込む場合は自身に関する情報を入力すると、該当金融機関の事前審査が開始される。審査の合否確認や、書類のやりとりはチャットで行うことができる。

  • 新規借り入れ機能追加の背景

住宅購入時の住宅ローン申し込みでは、不動産会社が提携する金融機関のローンを選ぶことが一般的である。しかし、住宅購入予定者の中には、ネットで住宅ローンが比較できるため、不動産会社が斡旋するローンではなく幅広く住宅ローンを比較した上で最適なものを選びたいと考える方も増えつつある。しかし、個人で住宅ローンを比較する過程において「どのローンが最適かわからない」「どの金融機関の審査なら通るのかがわからない」「申し込み手続きをどのように進めればよいかわからない」などの問題が生じる。これらの問題を解決するため、MFSでは個人に代わり最適なローンの比較から申込、金融機関との交渉までを行う新規借り入れ時の住宅ローン代行機能の追加にいたった。

  • <モゲチェックとは>

モゲチェックは2019年2月にサービスを開始した「オンライン型住宅ローンサービス」である。全国124の金融機関から最も安い金利の住宅ローンを提案する。従来の借り換えサービスに加えて、2019年5月からは新規借り入れサービスも開始した。MFSでは、住宅ローンに加え、不動産投資ローンの借り入れ・借り換えに対応する「モゲチェック不動産投資」も展開している。オンライン型の前進である対面型・電話型診断を含め、これまで住宅・不動産投資ローンあわせて、約3年間で相談件数7,000件以上、媒介金額200億円超の借り換えの実績がある。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る