【News】3大メガバンクに続きゆうちょ銀行と南都銀行が『おいたまま買付』に仲間入り

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
スマホ証券One Tap BUYは、銀行預金口座に残高があれば、証券口座への送金作業をしなくても株式の購入が可能となるサービス『おいたまま買付』において、3大メガバンクに続き、新たにゆうちょ銀行と、南都銀行の銀行口座との接続を、2019年7月12日に開始する。
サービス開始にあたっては、ゆうちょ銀行、南都銀行が提供する、即時に口座から決済できるサービスを活用する。
『おいたまま買付』は、投資家が自分の銀行口座から証券口座への送金作業を行わずに、株式の購入代金の決済が可能になるサービスである。<決済の仕組み>

◆サービスの特長・メリット
・銀行の営業時間外でも、預金口座に残高があれば、24時間365日※1取引が可能。
・証券口座への送金作業の手間が省け、買付余力不足を心配する必要がない。
・申し込み手続き(初回のみ)もスマホで完結、とってもカンタン!

◆サービスの概要
■開始日:2019年7月12日(金)
■株式取引の利用可能時間:
【米国株】24時間365日取引が可能。
【日本株】東京証券取引所開場日の 9時00分10秒~14時59分00秒まで。
それ以外の時間帯(16時00分から翌営業日の8時59分まで)は予約注文が可能。
■株式の購入可能金額※2:
10,000円以上(10,000円単位)、つみたてロボ貯蓄は10,000円以上(1,000円単位)
■送金手数料:   2万円以上・・・無料
2万円未満・・・1回あたり108円(税込み)

◆サービスの利用方法
株式の購入時に、入金連携の欄から「ゆうちょ銀行」や「南都銀行」を選ぶだけ!

       ​<ゆうちょ銀行>

      <南都銀行>

※1 24時間365日に関しては、メンテナンス時を除く。
※2 『おいたまま買付』を利用する場合に限る。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る