【News】FOLIOが新たな投資テーマとして「5Gフェーズ1」をラインナップに追加

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
FOLIOは2019年8月20日(火)から、新たな投資テーマとして「5Gフェーズ1」をラインナップに追加した。FOLIOでは新テーマを随時追加しており、7月には「米国利下げ戦略」と「隠れ高収益企業」がラインナップに加わった。今回の新テーマの拡充により、FOLIOが展開するテーマ数は全94テーマとなった。

 本テーマの構成銘柄は、5G対応の動きが国内で見られ始めるなか、5G普及の「初期フェーズ」に注目して選定した。

各社、通信サービスやスマートフォン端末の5G対応に動き始めており、直近の動きを受けて予想外の受注増や大幅増益の決算を発表した企業、受注高が底打ちの兆しを見せている企業などに注目した。5Gは息の長いテーマとなることが予想されているため、足元での投資機会を狙いつつ、中長期な需要が見込まれる企業を選定した。

今後も引き続き新たなテーマを追加していく予定なので、今後の発表にも注目したい。

【FOLIOについて】
国内株を取り扱う独立系証券会社において、約10年ぶりに新規参入し話題となったオンライン証券会社。2018年8月に本格的な事業展開を開始。テーマに投資できるサービスは日本初*1。2018年11月には、いわゆるロボアドバイザーサービスの「おまかせ投資」をローンチ。テーマ投資やおまかせ投資を“新しい副業”として捉えて始める人が増え始めるなど、業界内外で注目を集めている。

テーマ投資では、「ドローン」や「京都」、「ガールズトレンド」といったテーマを選ぶだけで、それぞれのテーマに関連した複数の企業に1万円台から分散投資が可能*2。FOLIOが選定した複数企業にリスクを分散させた投資を、簡単に行うことができる次世代型の投資サービスである。テーマ投資は、日経トレンディ2019年6月号「令和ヒット予測」、「金融」部門にて上半期ヒット商品に選ばれるなど、好評を得ている。

2018年10月には、LINE Financial(金融商品仲介業者 関東財務局長(金仲)第854号)と「LINE」上からテーマ投資を行える『LINEスマート投資』をローンチした。月間アクティブユーザー8000万人というユーザー数*3を抱えるLINEアプリから、気軽に投資を行える新しいプラットフォームは、FOLIOが展開する次世代型投資サービスを基盤としている。

<新テーマ構成銘柄>
5Gフェーズ1

※2019年8月8日時点の構成銘柄

構成銘柄:
アドバンテスト、アンリツ、村田製作所、伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)

●5Gの普及は通信サービスやスマートフォンなどの5G対応から進行、初期フェーズに注目
●直近決算で予想外の受注増や大幅増益、受注高が底打ちの兆しを見せる企業を選定した
●足元の投資機会を狙いつつ、中長期的な需要が存在する企業を選定した

本テーマは、5G普及の「初期フェーズ」に注目した。

5G(第5世代移動通信システム)は、「通信の超高速化」「機器の多数同時接続」「リアルタイム」といった新たな特徴を持つ次世代の移動通信システムで、あらゆる「モノ」がインターネットにつながり制御しあうIoT(Internet of Things)社会を実現するために不可欠なインフラとして期待が高まっている。将来的にはドローンをはじめとしたロボット、自動車の運転支援や遠隔医療など、あらゆる分野の産業構造の変化を引き起こす可能性を秘めている。

5Gが本格的に普及するのは2023年以降と見られており、息の長いテーマになることが予想される。5Gが広く一般に浸透するためには、5Gに対応した通信サービスやスマートフォン等が手頃な価格で利用できる下地が必要になり、本テーマはそういった領域に関わる企業に注目している。

具体的には、通信用半導体の機能をチェックするシステムや基地局などの通信用計測機器メーカー、5Gへの切り替えによるスマートフォン需要の増加を見越して準備ができているスマートフォン向け電子部品メーカー、4Gから5Gに移行する過渡期のネットワークシステムを担う企業を選定した。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る