【News】MILIZEが日本クラウド証券に『ライフコストシミュレーター』の提供を開始

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
MILIZEは、日本クラウド証券にライフプランシミュレーションツール『ライフコストシミュレーター』の提供を開始する。

『ライフコストシミュレーター』は、MILIZEが提供するライフプランシミュレーションツールをカスタマイズし、主に定年退職時の貯蓄額が自動試算、ライフイベントカレンダーによる年齢ごとのイベント表示、投資と普通預金の運用比較チャート機能など独自性のあるサービスを提供している。

MILIZEのライフプランシミュレーションの採用にあたって、日本クラウド証券より「金融業界での採用の実績と経験、豊富なデータを活用した高度な計算アルゴリズムによる将来の予想値の技術力が決め手」と高い評価を得ている。

MILIZEにおいて、クラウドファンディングサービスでのライフプランシミュレーションの初の採用事例となる。今後も様々な業界での採用に力を入れていく。

~当社技術が生かされた「ライフコストシュミレーター」の特徴~

各種統計データに基づき未来をみえる化

現状のライフスタイルや不動産の購入や子供などのプランを入力すると、現在から将来に渡っての貯蓄額の推移、定年退職時の貯蓄額が自動的に計算される。各種統計データを利用し、独自の金融工学を活用したロジックにより素早く精緻な値を計算する。また、入力項目の修正、再計算が安易に行え、様々なパターンでのプランを試せる。

クラウドバンクの投資効果を比較

効果的なグラフィックチャートにて、クラウドバンクでの初期投資額、月々の積み立て金額を入力すると、銀行預金との見込みの差額が表示されるので、今後の資産運用やクラウドバンクの利用の検討に役立てられるものとなっている。

長期投資を考えるきっかけに

MILIZEのライフプランシミュレーションにより、精緻な計算結果をもとに、長期的なライフプランを検討するきっかけを提供する。また、昨今、平均寿命の延伸により資産寿命を延ばす必要性が高まっているなか、定年退職後の資産運用が注目されている。現代、将来のための資産運用のあり方を考えるツールとして、幅広く活用したい。

定年退職時の貯蓄額シミュレーション

ライフイベントカレンダー

資産運用比較チャート

【MILIZE】
MILIZEは、金融工学・ビッグデータ・AI・機械学習・ファイナンシャルプラニング等の知識、および、豊富な金融実務経験・システム開発経験を活かし、新しい金融サービスを提供している。生産年齢人口が劇的に減少する中で、慢性的な人手不足となる日本で労働生産性向上は緊急の課題となっている。 また一方で、 「人生100年構想」で、個人の資産管理のニーズがより一層高まっている。その課題に対し、MILIZEは金融コンサルティング業務・窓口業務を改革することで解決を目指す。 MILIZEはAIとITと金融工学の力を駆使し、教育コストのかかる窓口業務の効率化・高度化をサポートし、FD(フィデューシャリー・デューティー)に沿った金融サービスの確立を目指す。

【日本クラウド証券】
日本クラウド証券は、融資型クラウドファンディングに注力した証券会社。日本を代表する融資型クラウドファンディング(または、ソーシャルレンディング)サービス「クラウドバンク」(www.crowdbank.jp)を提供している。クラウドバンクは金融のノウハウ、インターネットを中心としたテクノロジーの知見を活用して、これまで資産運用に無縁だった個人一人一人に新しい資産運用の形を提案している。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る