【News】年利2.63~8.70%の定期高分配・高配当型サービス「ロボ貯」が登場

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
One Tap BUYは、人生100年時代を見据え、“日本に高分配を創る”第一歩として、定期高分配・高配当型サービス「つみたて ロボ貯蓄」の提供を、2019年5月20日より開始する。
人生100年時代、先立つものはお金!
銀行の定期金利が約0.01%の時代、可処分所得の多いシニア層が、いつまでも元気に楽しく生活してもらうことが、経済活性化には何より重要である。そこで、今まで若年層をターゲットにしていたスマホ証券® One Tap BUYが、定年退職を間近に控えた世代にも、簡単・便利にスマホを利用し、充実した生活を送ってもらうための手段として、金利と分配金・配当金に重きを置いたサービス「ロボ貯」を開発した。ロボ貯は、銀行に預けたまま、すぐに使う予定のないお金を、米国市場に上場している厳選された高利回りの銘柄に積み立てながら、定期的に高分配・高配当が受け取れるサービスである。

サービス概要
<名称>つみたてロボ貯蓄(呼称:ロボ貯)
<銘柄数>7銘柄(BDC:2銘柄、ETF5銘柄)

<提供開始日>2019年5月20日(月)~
<投資金額>1銘柄につき毎月3万円~(1万円単位で積立て可能)
<ロボ貯の特長>
・積み立て中も、売却中も、分配金・配当金がもらえる
・ドルコスト平均法で、為替・価格リスクも平準化
・自身のプランに合わせて少額ずつ自動で売却も可能
・売却・休止・再開がいつでも出来る
・投資信託のような手数料はかからない
・指定銀行と提携すると、銀行から自動で買い付けが可能

 画面展開図とサービス画像

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る