【News】ZOZOグループのアラタナとコイニーがリアル店舗向けに「ツケ払い」決済サービスを提供開始

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
ZOZOグループで、BtoB事業としてファッションブランドの自社EC支援を行うアラタナとコイニーは、リアル店舗に向けた決済サービス「ツケ払い powered by Coiney」の提供を開始した。

「ツケ払い powered by Coiney」は、ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」の、商品注文日から最大2ヶ月後に支払いができる決済サービス「ツケ払い」が、実店舗でも利用できるサービスである。店舗での商品購入時の支払いに利用でき、購入者は自分の電話番号を店舗のスタッフに伝えるだけで決済を完了させることができる。事前にアプリダウンロードや会員登録が不要な全く新しい手軽な決済手段である。支払い期限が購入日から最大2ヶ月後となるため、都合のよいタイミングで買い物を楽しむことができる。
店舗で必要なものはインターネット環境とタブレットかスマートフォンのみで、それら以外の導入コストは不要である。
新たな顧客層を開拓し、店舗の販売機会を増大させることが可能となる。

「ツケ払い」は初めての方やクレジットカードを持っていない方でも、安心して便利に買い物ができる決済手段として2016年11月よりZOZOTOWNで提供開始した。「ツケ払い」の特徴である商品購入後から最大2ヶ月間の支払い期間も注目を集め、20〜30代を中心に幅広い年代の方に利用され、2017年8月には利用人数100万人を突破した。今回のツケ払い powered by Coineyのリリースを受けて、店舗・ユーザーがさらに便利に買い物できる世界を実現したいと考えている。

コイニーは2013年4月から、「お金の流れをまるくする」というコンセプトのもとクレジットカード、QRコード、電子マネーの各種決済サービスを提供し、低コストでかんたんに使える店舗の決済サービスを拡大してきた。ただ、いずれも日常に浸透した便利な支払手段ではあるものの、与信・発行・認証の面で進化の余地があると感じてきた。購入者がよりインスタントにクレジットを得ることができる仕組みができないか、それにより支払いの時間軸をずらして「今」しか手に入らない価値を提供できるのではないかと思い、このサービスの実現に至った。「少額の未来の前借り」ができるツケ払いによって個人の楽しみの価値を最大化し、機会や可能性を広げていくことができると考えている。

展開の第一段階として、アパレル企業向けに提供を開始する。その後、他の業種への展開も行っていく。また今回の発表にあわせて2019年6月末までに申込むとと、決済手数料が2019年9月まで無料になるキャンペーンも開始する。

今後もアラタナおよびZOZOグループでは、ZOZOTOWN出店ショップ・企業のニーズに応え、ファッションECのみならず実店舗の課題解決に向けて取り組んでいく。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る