【News】FinTech(フィンテック)企業カオスマップ2019年最新版を無料公開

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
国内最大級のFinTech・仮想通貨情報メディア「MAStand」は、この度、国内FinTech企業のカオスマップを無料公開した。

 

Fintech(フィンテック)は日本でも高い注目を集めている。
1998年、アメリカでサービスが開始されたPayPalがその起源とされるFintech(フィンテック)。

矢野経済研究所の調査によると、FinTech系ベンチャー企業の国内市場規模は、2017年に1兆円を突破。2021年には、1兆8590億円まで成長すると予測した。

私たちの身の回りでも、キャッシュレス決済サービスや家計簿アプリ、ソーシャルレンディング、資産運用、仮想通貨など多様な分野でFinTechサービスが続々と生まれている。

しかし、FinTechが身近になってきた一方で、全てのサービスを理解しきれず、暮らしの中で上手に活用できていない方も多いのが現状ではないだろうか。

これからの私たちの生活において、FinTechはより欠かせない存在になっていくに違いない。

そこで今回、MAStandでは、FinTechに関する理解を深めていただくためにカオスマップを作成した。最新FinTechサービスを以下の11のカテゴリに分類し、各サービスの特徴や私たちの生活に与える影響を分かりやすくまとめている。

1:キャッシュレス決済・送金サービス
2:仮想通貨・ブロックチェーン
3:クラウドファンディング
4:個人資産運用
5:ソーシャルレンディング
6:会計・経理
7:個人財務管理(PFM)
8:保険
9:金融情報サービス
10:個人向けローン・融資
11:セキュリティ

紹介しているFinTechサービスは、いずれも金融のあり方を変える画期的なサービスばかりである。

MAStandは今後もフィンテック・仮想通貨についての調査、そして情報を提供に努めていく。また、このカオスマップも不定期に更新していく予定である。

MAStandは、「フィンテックが変えるこれからのお金のカタチ」をテーマに、金融・投資等に関する様々な情報を発信している国内最大級のFinTech系メディアである。

※本カオスマップは独自に作成しており、サービスの網羅性や正確性を完全に担保するものではない。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る