【News】サクソバンク証券でトレーディングビューを使ってFX取引が可能に

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
世界800万人以上の投資家に利用されるトレード分析・取引・SNS機能を提供するTradingView Incはサクソバンク証券と提携し、2019年5月27日よりサクソバンク証券口座の口座開設者に対し、トレーディングビュー上でFX取引ができる新サービスをリリースした。
サクソバンク証券の口座開設者はFXレート・取引機能が追加されたことにより情報収集、分析そしてトレードまでを一貫して行えるプロトレーダー並みのツールを無料で手に入れることとが可能となった。
TradingViewは世界中の指数、先物、国債や仮想通貨の公式データをデスクトップ、スマホ、タブレットなどのあらゆるプラットフォームでモニターすることができる上、100種類以上のテクニカル指標、使いやすさを追求した描画ツールなどにより投資家に最高の分析環境を提供する。 これにより、使用の複数のプラットフォームでシームレスに情報の収集・分析をすることが可能となる。 また、この度サクソバンク証券のFX取引機能が追加されたことで、情報の収集から分析そして取引までを一貫して行えるプロトレーダー並みの環境を一般の投資家に提供することができることとなった。取引ツールでは、自分のポジションおよび注文が視覚的にすぐ把握できるようになっており、更には直感的なマウスによる操作での注文変更可能となっている。これらの機能は従来インストールが必要となっていたが、トレーディングビューではインストール不要で閲覧できる。

スマートフォン、およびタブレットからのアクセスについても、特別なソフトをインストールする必要がない。トレーディングビューは非常に簡単に相場の分析や取引の執行を実現させた。

サクソグループでは日本におけるトレーディングビューのリリースを皮切りに、グループ全体のリリースを段階的に進めていく。 更にはトレーディングビューおよびSAXOグループ共同開発により、6000銘柄以上を取り扱うサクソバンクのCFDの提供で進め、ますます利便性を高めていく。

トレーディングビューからの取引には、サクソバンク証券口座が必要となる。詳細はサクソバンク証券ページへ。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る