【News】ジャパンネット銀行がインド関連ファンドの取り扱いを開始

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
ジャパンネット銀行では、2019年5月28日(火)より、JNB投資信託で新たにインド関連の2ファンドの取り扱いを開始する。
インドは新興国の中でも中国を凌ぐ高い経済成長率の継続が予測され、今後の消費拡⼤に向けた大きな可能性がある。それにともない購買⼒が⾼いとされる中間所得層の割合が年々増加することが見込まれ、消費増加による内需拡大が期待される※。そういったインドの成長を背景にした「インド内需関連株式ファンド」「インド債券ファンド(毎月分配型)」の2ファンドを取り扱う。同ファンドのインターネット専業銀行での取り扱いはジャパンネット銀行のみである。
※IMFによる2019年~2023年の実質GDP成長率予測、およびEuromonitor International、国連の年間世帯可処分所得データより。新規取り扱いのインド関連ファンドについて
インド内需関連株式ファンド
・消費拡大によって恩恵を受けるインドの内需関連企業の株式に投資を行う。インド債券ファンド(毎月分配型)
・インドの国債、政府機関債、地方債、社債、国際機関債等に投資することにより、安定的な金利収益の確保と信託財産の成長を目指す。

【商品概要】

商品名 インド内需関連株式ファンド インド債券ファンド
(毎月分配型)
商品分類 追加型投信/海外/株式 追加型投信/海外/債券
委託会社 SMBC日興証券 野村アセットマネジメント
主要投資対象 インドの内需関連株式 インドの債券等

JNB投資信託について
・ネット銀行ならではの低コスト設定で、購入時手数料を抑えて効率よく運用できる。また、購入時手数料がかからない「ノーロードファンド」も多数取り扱っている(98本※)。
・投資信託口座と普通預金口座が連動しているので、面倒な口座間の資金振替が不要である。
・国内外の株式や債券、REIT(不動産投資信託)などに投資する人気のファンド、高分配や値上がり益が期待できるファンドなど、ニーズに合ったファンドを厳選し、幅広く取り扱っている(総ファンド数264本※)。
※2019年5月28日現在

今後もジャパンネット銀行は、顧客の資産運用ニーズに応えられるよう努めていく。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る