【News】ポイント運用アプリ「StockPoint」に新たにeワラント2銘柄を追加

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
個別株式ポイント運用サービスを提供するSTOCK POINTは、2019年5月31日(金)10時より、STOCK POINTが運営する「StockPoint」アプリ内でポイント運用できる銘柄をさらに2銘柄追加し、合計174銘柄の取り扱いへ拡大する。STOCK POINTは今後も、株式連動型のポイント運用を通じた生活者と企業の新しい関係づくりを目指し、ユーザビリティ向上に努めていく。
■追加する銘柄名
追加する銘柄については、eワラント証券のカバードワラント(以下「eワラント」)2銘柄となる。・米ドル ドル高(コール)型 1034回 (満期日:2019年10月9日、権利行使価格:107円)
米ドル対円相場を対象とするドル高(コール)型で、相場が上昇すれば値上がりが見込める銘柄である。
・米ドル ドル安(プット)型 912回 (満期日:2019年10月9日、権利行使価格:112円)
米ドル対円相場を対象とするドル安(プット)型で、相場が下落すれば値上がりが見込める銘柄である。

※なお、eワラントには満期があり、「StockPoint」アプリ内では満期日の前日に米ドル対円相場の水準に応じて自動的に決済が行われる。当該銘柄の満期に先立ち、回号の異なる米ドル ドル高(コール)型及び米ドル ドル安(プット)型の取扱いが開始となる予定である。満期前に、満期予定銘柄を売却し、代替銘柄に乗り換える方法も活用したい。

■ STOCK POINTが開発する株価連動型ポイント「StockPoint」について
「StockPoint」は、世界初(※1)の株価連動型ポイント運用サービスである。指定のポイントサービス(※2)から交換することで、元手資金や証券口座の開設などの手間がなく始められる、今までにない投資体験を提供する。利用者は、バリエーション豊かな全174銘柄の中からポイント投資先を選ぶことができ、その企業の株価に連動して増減するポイントを楽しめる。 StockPointアプリ内は、利用者がポイント投資先となる銘柄企業の株価情報などを入り口にして、企業そのものや提供しているサービスに興味を持つようになるなど、生活者と企業の新しいつながりを構築します。また、個別株、ETF、REITに関しては1 株、1口価格相当以上のStockPointが貯まると、現物へ交換することもできる(※3)。

※1:STOCK POINT調べ 2016 年 11 月国内特許取得済み。海外特許申請中。
※2:STOCK POINTが提携しているサービス(2019年4月5日現在)
・ドットマネー by Ameba
・クレディセゾン永久不滅ポイント「ポイント運用」・STOCK POINTカード(ジャックス):カード利用額に応じて「StockPoint」アプリで利用できるポイントがたまるカードである。
・「Pontaポイント運用」:2019/4/9スタート、約9,000万人のPonta会員がポイント投資可能になった。

※3:現物への交換にはポイント投資アプリ「StockPoint」のダウンロードおよび本人名義の証券口座が必要である。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る