【News】ロボアドバイザーTHEO[テオ]を運営するお金のデザインが「お金のデザイン研究所」を設立

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
独自のアルゴリズムに基づき、一人ひとりに最適な資産運用サービスを低コストで提供するお金のデザインは、資産運用技術の研究を行う「お金のデザイン研究所」を2019年6月1日に設立した。所長には、首都大学東京特任教授、京都大学客員教授であり、当社アカデミック・アドバイザーの加藤康之が就任する。

お金のデザインは、これまでも大学などの機関と資産運用に関する研究を行ってきた。2017年6月には、京都大学経営管理大学院と人工知能・機械学習の分野で研究を開始し、2018年5月にロボアドバイザーTHEOに「AIアシスト機能」を搭載している。

このたび設立した「お金のデザイン研究所」では、中立的立場から柔軟性・透明性・効率性のある資産運用技術の研究を進め、金融業界とアカデミアとの連携を強化していく。将来の不安に備えた「貯蓄」から「投資」への動きを、より一人ひとりに合った形で促進するという社会的ニーズに応えるため、先鋭的な 資産運用技術の研究を進めていく。

多様化する「人生100年時代」を見据えた投資理論や資産運用ソリューションの開発、人工知能(AI)や ビッグデータ等テクノロジーの活用、社会の持続性に貢献するESG投資の研究などにより、資産運用業界全体の発展に寄与していく。

【研究所所長 プロフィール】​

お金のデザイン アカデミック・アドバイザー/首都大学東京特任教授 京都大学客員教授
加藤 康之(かとう やすゆき)

東京工業大学大学院修士、京都大学博士。1980年4月(株)野村総合研究所入社。海外拠点を経て同社システムサイエンス部長、野村證券(株)金融工学研究センター長などを歴任後、野村證券(株)執行役。2011年4月から京都大学大学院経営管理研究部教授、2019年4月から現職。他に年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)経営委員、国民年金基金連合会資産運用委員会委員、証券アナリストジャーナル編集委員、日本ERM学会会長などを兼任。

著書「初心者のための資産運用入門」「金融工学事典」東洋経済新報社、「退職後の資産運用 – 超高齢化時代のリタイアメント・マネジメント入門」「ESG 投資の研究 – 理論と実践の最前線」一灯舎、”The Emergence of ETFs in Asia-Pacific” Springerなど

【コメント】
「このたび、お金のデザイン研究所を設立した。これまでの経験を生かし、内外の大学・研究機関とも連携しながら、ロボアドバイザーに必要な先端的テクノロジーの研究や、人生100年時代で多様化する個人の資産運用ソリューションを開発していく。
成熟化が一段と進む令和の時代を迎え、少子高齢化や経済格差の拡大などさまざまな社会的課題があるなか、ますます重要性を増す資産運用研究を通して、皆さまのお役に立てるよう努力していきたいと考えている。」

今後もより多くの方の資産運用をサポートし満足してもらえるよう、サービスの向上と提供に努めていく。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る