【News】アクセンチュアが「世界のフィンテック投資額は前年比2倍以上の553億ドル」という調査結果を発表

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
アクセンチュア(NYSE: ACN)の最新調査によると、グローバルにおける2018年のフィンテックベンチャー企業への投資額は、前年比2倍以上の553億ドルに達した。これは主に、成熟したスタートアップ企業への投資が拡大するなか、中国における投資が急増したこと、ならびに複数の市場でも堅調な成長が見られたことに起因する。日本における投資額についても、過去最高となる前年比5倍以上の5億4200万ドル、投資案件数は3倍に成長した。

この驚異的な成長の主要因は、中国における投資額が前年比約9倍の255億ドルに達したことであり、これはグローバルにおける2017年のフィンテック投資総額の267億ドルに迫る勢いである。2018年のフィンテック投資総額のうち46%を中国が占めており、さらに中国におけるフィンテック投資額の半分以上は、「Ant Financial」が5月に実施したシリーズCにおいて140億ドルもの資金を調達した。なお、Ant Financialは、世界最大のマネー・マーケット・ファンドやモバイル決済サービス「Alipay」などを運営している。

アクセンチュアは、このAnt Financialの資金調達を「ウェルス&アセットマネジメント」に分類しており、同社の140億ドルの資金調達はこのカテゴリーの投資総額の大部分を占めている。これにより、ウェルス&アセットマネジメントを手掛けるスタートアップ企業に対する投資は、グローバルにおける投資総額の30%を占め、事業領域別では最大規模となった。次いで、決済を手掛けるスタートアップ企業に対する投資が23%、融資が19%となっている。

アクセンチュア金融サービス本部のグループ・チーフ・エグゼクティブを務めるリチャード・ラム(Richard Lumb)は次のように述べている。「現在はグローバル市場が不安定で、マクロ経済に関する懸念も続くなか、フィンテック分野への投資は依然として好調である。金融機関は、規制や資本に関するプレッシャー、オープンバンキングで激化する巨大テクノロジー企業やネオバンクなど新規参入企業との競合、次々に生まれては進化を続けるセキュリティの脅威に直面している。こうした背景により、フィンテックのイノベーションに対する需要は高まり続けているのです」

Ant Financialに続く規模の資金を獲得したのは、中国の「Du Xiaoman Financial」だった。同社は2018年4月に中国の検索エンジン大手Baiduから独立した企業で、消費者金融ビジネスを拡大し、中国国内の融資会社との協力関係を強化するために、2つの投資案件で43億ドルを調達した。中国における他の大型案件としては、資産管理のプラットフォームを提供する「Lufax」が香港でのIPO計画を延期した後、2018年12月に13億ドルを調達した。

米国における投資額も急増し、前年比49%増の170億ドルに達した。米国はこれまで、フィンテック投資に関して最も規模が大きい市場だった。2018年は、10億ドルを超える投資案件は見られず、オンライン融資会社「LendingPoint」が5月にクレジットラインにより調達した6億ドルが最大の案件だった。

英国における投資額は、前年比50%以上増の39億ドルに達した。英国におけるフィンテック投資で最大の恩恵を受けたのは、API(アプリケーション・プログラミング・インターフェイス)などのデジタル技術を活用し、非金融企業と情報を共有しながら新たな決済や融資といったサービスを提供するチャレンジャーバンクだった。これは、同国のオープンバンキング制度の開始によって、消費者が自身の金融データを第三者企業と共有することが容易になり、同分野に対する投資家の期待を裏付けるものになった。「Atom Bank」は2018年3月に約2億ドルを、「Revolut」は4月に2億5000万ドルを、「Monzo」は10月に約1億1000万ドルを調達した。さらに、大学院生に国境を越えて融資を行う「Prodigy Finance」は、銀行やその他投資家のグループから10億ドルを調達した。

日本を含め、世界の他の国々でも投資は好調であり、日本、中国、オーストラリア、ブラジルでは過去最高額を記録した。具体的には、日本では前年比5倍以上の5億4200万ドル、オーストラリアでは2倍以上の7億5700万ドル、カナダでは53%増の9億6100ドル、ブラジルは38%増の5億8,700万ドルだった。

フィンテックの投資案件数も大幅に増加し、全世界で前年比約19%増となる3,251件に達した。中国の投資案件数は2倍以上増加して348件となり、1,100件以上の投資が行われた米国と比べ、中国の活気あるフィンテックエコシステムにはまだ成長の余地が大いにあることが浮き彫りになった。英国でも投資案件数が25%増加し、シンガポールは16%増、日本は3倍近くまで投資案件数が伸長しました。

アクセンチュア 常務執行役員 金融サービス本部 統括本部長 中野 将志は次のように述べている。「日本では、横断法制の検討と規制緩和が進み、潜在的な社会課題解決ニーズに根差した金融イノベーションを起こす素地が整いつつあります。今後は、産・官・学連携による地域課題・社会課題への挑戦を進めるとともに、自国経済規模を超える投資を呼び込み、グローバルハブとなる次なるステージに向けて、世界最先端のイノベーション創出と日本から世界に展開される環境づくりが求められています」

調査方法
本調査は、グローバルでベンチャー企業の財務データ収集・分析業務を行う調査会社「CB Insights」が提供するフィンテック投資データに基づいてアクセンチュアが分析を加えたものである。調査対象には、ベンチャーキャピタルおよび未上場企業、および企業のベンチャーキャピタル部門、ヘッジファンド、アクセラレーター、政府系ファンドなどにおける国際的な投資活動が含まれている。また対象となるデータは2010年から2018年までのもので、エクイティおよび非エクイティの融資が含まれる。さらに本レポートでは、フィンテック企業を、銀行業務やコーポレートファイナンス、キャピタルマーケット、財務データ分析、保険、決済や個人向けの財務管理などに関して様々なテクノロジーを提供する企業と定義している。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る