【News】JCBがカードやサービスのお問合せにAIを活用した「チャットボット」を開始

The following two tabs change content below.
AssetCafe編集部

AssetCafe編集部

資産形成のためのフラットなコミュニティ。資産作りについて把握しておくべき良い面も悪い面も、バイアスをかけることなく客観的に学ぶことで、お金に関する知性を磨いていくことを目標としています。
KDDIエボルバは、ジェーシービーが運営するJCBカードサイトにAIを活用したチャットボット「AIChat」を導入し、問合せ自動応答サービス「チャットボット」を開始する。

サービスは、JCBカードサイトに表示する「チャットでお問い合わせ」アイコンから利用できる。「カードの締め日、支払い日を調べたい」「セキュリティコードとは何ですか?」「JCBギフトカードの購入方法を知りたい」など、JCBのカードやサービスに関する質問に最適な回答をチャットオペレータ ”しおりさん” が自動応答する。

◎スマートフォンからの利用イメージ(簡単なフレーズから回答候補を提示して、素早い自己解決へ)

(画像を取り入れた回答)(画像を取り入れた回答)

本サービスは、継続的な育成をする教師あり学習と自動学習の併用により、利用が増えるほど正答率が高まる。「ウェブサイトで自己解決したい」というJCBの多くの声に応えた本サービスにより、スマートフォン、パソコンから、24時間365日、簡単に問合せができるセルフサービスとして、利便性向上に寄与するものと考えている。

KDDIエボルバは、今後も真のCXを高めるオムニチャネルソリューションをいち早く提供し、従来のコールセンターサービスに加え、クライアント企業と顧客のスマートフォンを中心とした次世代のリレーションシップを実現していく。

■AIChat for touchingについて
KDDIエボルバのAIChatは、豊富なFAQ・会話シナリオ構築やAI、教師あり学習のノウハウにより、高い正答率を実現している。企業と顧客のコミュニケーション強化、CX向上、効率化を目的としたAIチャットボット導入サポートから、デジタルチャネル領域のあらゆるお客さま接続を実現するSMSやVisualMenu、自動応答で解決しきれない問合せを有人チャットでサポートするHumanChatなど、コミュニケーション全体をデザインするソリューションを提供する。

なお、このたびJCBに導入した「AIChat」には、BEDOREが提供する対話エンジン「BEDORE(べドア)Conversation」を採用している。

  • 「for touching」「VisualMenu」は、KDDIエボルバが商標出願しており、今後登録予定。
  • その他本リリース本文中の製品名および会社名は、各社の商標または登録商標。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る